施工事例

バリアSHUT!

玄関部に若干の被害と腐朽が見られた物件での施工(東松山市)

築年数30年程の物件でのシロアリ対策工事の事例です。調査の際に床下で玄関部に若干のシロアリ被害と木材の腐朽が見受けられました。

床下の調査

床下の木材の腐朽
木材の腐朽

事前に行った床下の無料調査の際に、玄関の土留め板にシロアリの被害と木材の腐朽を発見しました。内部がスカスカになっていました。現在はシロアリは生息していないようでした。

直接は建物の強度に影響は及ぼさないものの、放置しておくと今後土台や大引きも被害に遭ってしまう可能性も十分考えられます。シロアリ対策工事のご提案をさせていただき、工事のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

点検口の養生

床下への進入前には点検口に養生を行います。全体を覆いホコリや薬剤の飛散を防ぎます。

被害箇所の穿孔
木部のシロアリ対策

床下で被害部への穿孔をし、内部に薬剤を注入します。

木部のシロアリ対策_2

それ以外の箇所には霧状の薬剤を表面に散布していきます。

土壌のシロアリ対策
配管のシロアリ対策

その後土壌面全体に薬剤を散布していきます。基礎際や配管周りには多めに散布します。

床上のシロアリ対策

たたき

床下の作業後は床上のシロアリ対策を行います。玄関のたたきに穿孔を行い、薬剤を注入します。

その後ドア枠でも同様に穿孔と薬剤注入を行いました。

最後に穿孔箇所の補修を行い作業はすべて完了しました。本格的なシロアリの被害が発生してしまう前にしっかりと予防工事を行えて良かったと思います。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。