施工事例

バリアSHUT!

前回から5年経過後の再予防(横須賀市)

5年ほど前に、シロアリ対策を行っていただいた物件の再施工の事例です。今回床下で新たな被害や水漏れは見受けられませんでした。

床下の調査

浴室土台下
過去の蟻道

在来浴室下の土台では腐朽が見られました。また、床下には過去のシロアリの蟻道や被害も見受けられました。現在生息はしていないようです。

しかし、薬剤の効力は時間が経てば失われるので工事を行わずに放置してしまうと、再びシロアリの危険にさらされてしまいます。そのことをお伝えし、シロアリ対策工事のご依頼をいただきました。

床下の施工

木部処理
木部処理2

まずは床下の木部から施工を行っていきます。薬剤を霧状に散布できるノズルを使用し、構造体である大引や土台に処理をしていきます。

土壌処理
土壌処理2

木部処理の後は土壌処理を行います。土壌全面に薬剤を散布します。

床上の穿孔

たたき穿孔
浴室壁穿孔
浴室ドア枠穿孔

床下で薬剤散布を行った後は、床上から穿孔処理を行います。玄関・お勝手口・浴室で穿孔を行い薬剤を内部に注入します。

今回の物件では玄関のドア枠・たたき、浴室の壁・ドア枠、お勝手口のたたきから薬剤注入を行いました。補修を行い作業完了です。築年数が立っている建物ほどシロアリに対するリスクが大きくなります。建物に長く住めるようにするためにも、シロアリの被害に遭わないように、定期的に検査していただくことをお勧めいたします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。