施工事例

バリアSHUT!

築年数約10年の物件でのシロアリ対策工事(北区)

新築引き渡しから約10年の建物でのシロアリ対策工事をご紹介します。

床下の調査

床下調査
配管部床下

まずは床下の調査を行います。築浅の物件ということも有り、シロアリの被害は見受けられませんでした。築浅の物件でも、床下で水漏れが発生していれば新築時の薬剤効果は水に流され消失してしまいます。また、屋根や外壁から雨漏りが発生していると、木材が普及してしまい築浅の物件でもシロアリの被害に遭ってしまうことがあります。日常生活では気づきにくい事もあるので、「建てたばかりだから大丈夫だろう」と思うのではなく、節目にはしっかり点検をしていただく事をおすすめします。

床下の施工

木部処理

木部に対して防蟻薬剤を散布します。大引まで断熱材が施工されていたので、下の一面と側面の一部だけに薬剤散布を行いました。

土壌処理

続いて土壌面に対して防蟻薬剤を散布していきます。

施工後全景

施工後の全景です。全体に満遍なく薬剤を散布しています。元々人体に害のない成分ではありますが、揮発性も無いので、乾燥した後も薬剤成分が人間の居住空間に侵入することはなく、安心して普段通り生活していただけます。

玄関部の処理

壁穿孔

最後に玄関部の施工を行います。たたきのタイル目地は幅が狭く穿孔処理を行うのが難しかったため、クロスから薬剤を注入します。

穿孔箇所の補修を行い、作業完了です。今は築浅の建物でも、シロアリの保証満了ごとに予防工事を行うかどうかで、床下のカビや腐朽やシロアリ被害の有無について、年数が経てば経つほど、はっきりと違いが出てくるようになります。

長く住む事ができる建物にしていくために、新築時のシロアリ対策工事が保証満了を迎えたら、その都度再施工を実施していただく事をおすすめします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。