施工事例

バリアSHUT!

浴室土台の腐朽に注意!相模原市での施工事例

相模原市の築年数約30年の物件での施工事例です。SHUT!の工事では、タイル風呂の建物の場合、お風呂場の穿孔処理も行わして頂いております。今回はその様子をご紹介します。

事前調査

まずは床上の調査。お風呂場も調べていきます。
どうやらタイル風呂のようですね。

タイル風呂

タイル風呂はシロアリの被害に遭いやすい場所といわれています。ユニットバスに比べ水気が溜まりやすく、床下の土台が腐朽しやすいからです。
実際に床下を調べてみると・・・

土台腐朽遠景
土台腐朽近景

土台には腐朽が見受けられました。どうやらシロアリの侵入も過去にあったようです。
腐朽とシロアリによる食害の様子を、撮影した写真を交えてお客様にご報告させていただきました。

施工開始

まずは木部処理。浴室の土台は表面に散布するだけでなく、ドリルで穿孔し、内側に薬剤を注入します。

土台穿孔

タイル風呂には構造上、床下空間が存在しないので、内部まで薬剤が行き渡るようにする必要があります。木部処理剤には防蟻成分に加え防腐成分も入っているので、腐朽部には多めに薬剤を散布しました。

土壌処理

木部処理を終えた後は、土壌処理を行っていきます。

床上からの穿孔注入

タイル風呂は床下の土台に加え、床上の壁・ドア枠からも薬剤の注入を行います。

浴室壁穿孔
浴室ドア枠穿孔

その後玄関部でも薬剤注入を行い工事完了です。
シロアリは水気や木材の腐朽を好むので、タイル風呂はシロアリの標的にされやすく注意が必要です。
もしご自宅の床下が気になる方は、一度床下の無料点検を検討されてみてはいかがでしょうか?

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。