SHUT!の旬ネタコラム

  • バリアSHUT!
  • ベイトSHUT!

シロアリの幼虫を知ろう!どんなカタチ、大きさをしているの?

「シロアリみたいな幼虫がいる!」このような問合せが実はとっても多いんです。ですが「シロアリに幼虫なんているの?」であったり、「幼虫なんてみたことない!」ということを質問されることも多くあります。もしかしたら、”シロアリの幼虫ってあまり知られていない…?”と、ふと思いましたので、こちらにシロアリの幼虫について詳しくご説明していきます!

木村画像  SHUT!スタッフ 木村(蟻害腐朽検査士)

シロアリに幼虫っているの?

答えてしまうと、シロアリに幼虫はいます!シロアリは昆虫ですので成長の過程で必ず幼虫になります。ですからあなたが見ている”シロアリの幼虫の様な虫”もしかしたらシロアリの幼虫かもしれません。

シロアリの幼虫
これがシロアリの幼虫

 

シロアリの生活環

完全変態の昆虫

昆虫は成長する過程でカタチを変えていきます。わかりやすいのはカブトムシでしょう。カブトムシは卵が孵化すると、芋虫のような幼虫になりますよね。その後成長して大きくなり、やがて茶色い蛹に変化します。そして月日が経過すると角の生えた成虫として羽化します。これが昆虫の生活環です。
しかし、これは”完全変態”と呼ばれる昆虫のタイプです。完全変態は幼虫から成虫に成長する際に全く違うカタチに姿を変えるため「蛹」になる過程があります。カブトムシの他に、蝶や蚊、ハエ、ハチやアリがこのタイプです。

シロアリは「不完全変態」

実は、シロアリは”完全変態”ではありません。昆虫には完全変態とは別に、”不完全変態”というタイプがあるのです。不完全変態とは名前のとおりカタチを変えずに成長する昆虫です。この種類は卵から孵化すると、卵→幼虫→職蟻・兵蟻などという段階を経て成長します。このとき、不完全という名前のとおり孵化したての幼虫もシロアリの職蟻と同じカタチをしているのです。
不完全変態の昆虫は、シロアリの他に「トンボ」や「セミ」、「バッタ」や「ゴキブリ」などがあります。

シロアリの幼虫と成虫の違いは「大きさ」

シロアリの成虫や幼虫
小さな幼虫が成長して大きな成虫になりますので、幼虫と成虫の違いは簡単に言うと”大きさ”ということになります。みなさんがシロアリの幼虫だと思っているのは、幼虫かもしれませんし職蟻や兵蟻かもしれません。そもそも5mm程度の非常に小さい昆虫のため、シロアリの成虫を幼虫だと勘違いされている場合がとっても多いのです。
上の写真には、通常の働蟻はもちろん幼虫も写っています。その大きさの違いをお分かりいただけましたか?

シロアリ自体が幼虫っぽい体つき

そして、「シロアリの幼虫がいた!」と思われてしまう最大の原因は、シロアリそのものが「白くて、小さく、寸胴な体つき」という幼虫のような特徴(見た目)を持っているからでしょう。普段シロアリを見かけることなんて無いと思いますので、そこにいる「白い小さな虫=シロアリの幼虫」と思われてしまうのかもしれません。

シロアリの幼虫だと思っていたものは成虫かも

上記のようなことから、”シロアリの幼虫”についての問合せが多いのかなと考えています。実際にはシロアリの初齢幼虫は非常に小さく肉眼でギリギリ追えるくらい小さなサイズです。それに、シロアリの幼虫が見られるのは巣の中心付近が多いので、頻繁に見けけることはありません。ですから、シロアリの幼虫かもって思っていたものはシロアリの職蟻や兵蟻である可能性のほうが高いのです。

大きくなっても白くて小さな体をしている白蟻ですが、それで立派な成虫です。成虫、幼虫の違いは大きさにありますが、シロアリっぽい虫を家の中で見つけたのであれば、大きさに関係なく専門の業者に一度調査してもらい、何らかの対策を講じるようにしましょう。

※この記事では巣内の90%以上を占める職蟻や兵蟻を成虫としておりますが、正式には有翅虫(羽アリ)を成虫と呼びます。

 

《参考》シロアリと間違えやすい「チャタテムシ」について

辞書や古い本を開いたときに小さな白い虫を見たことがあるかもしれません。1mmほどと小さいですが、カタチがシロアリに似ており混同されやすい昆虫です。本の周辺以外にも、窓際やキッチンなど湿気(カビ)などが比較的多い場所の周辺に散在します。湿気やカビに集まる特徴があります。

チャタテムシ

シロアリとチャタテムシの見分け方は、「表面を歩いているか」「集団で発生しているか」などである程度見分けられます。
表面を歩いているのは「チャタテムシ」です。シロアリは暗闇を好みますので表面をテクテク歩くことはありません。また、チャタテムシは単独で行動することがありますが、シロアリは必ず大規模な集団で活動します。これらの行動パターンでおおよそ検討がつきますので、シロアリなのかチャタテムシなのかを判断してみてください。

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。

安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。