SHUT!の旬ネタコラム

  • バリアSHUT!
  • ベイトSHUT!
  • テクノSHUT!

妊婦や子供がいてもシロアリ駆除を行って大丈夫?

2019.06.05


通常シロアリ駆除は床下にシロアリ対策用の薬剤を散布することで行いますが、やはり心配されるのは「健康・安全に対するリスク」だと思います。特にお腹の中に子供を抱えている妊婦や小さい子供がいる家庭では「薬剤は少なからず人体に影響があるのでは?」と不安になってしまうと思います。

安全とは謳われていても「実際はどうなのか」という点がやはり気になるところです。結論から言うと妊婦や小さな子供がいてもシロアリ対策工事を行う事は可能です。この記事ではその裏付けとなる理由をこれまで床下で薬剤散布を行ってきた経験も踏まえてご紹介していきます。

 SHUT!スタッフ 上野山(しろあり防除施工士)

 

1.過去には人体にも有害なシロアリ用の薬剤が使用されてきた

確かに過去をさかのぼると、人体に害を及ぼす薬剤が使用されていました。1990年代後半から2000年代前半にかけて、新築の建物に住み始めた多くの人がめまいや頭痛などの違和感を身体に覚えるようになり、家の中では体調が悪くなるため住めなくなってしまうほどでした。

これは「シックハウス症候群」と呼ばれ社会的な問題となりましたが、その原因は建材の接着剤などに使用されていた「ホルムアルデヒド」に加え、シロアリの駆除剤として使用されていた有機リン系の「クロルピリホス」などでした。これらは当時重宝されましたが、実は人体へのリスクも非常に大きなものでした。現在はいずれも使用が禁止されたり、厳しく制限されています。

2.現在のシロアリ薬剤の特徴

こういった経緯から使用できる薬剤の成分についての決まりが非常に厳しくなった今でも

「シロアリの薬剤=人体に有害」

というイメージは多くの方が持たれています。ここでは現在使用されているシロアリ薬剤の特徴について紹介していきます。

2-1.人体や環境への安全性を裏付けするための様々な実験が行われている

シロアリ薬剤は人体への安全性を確かめるための様々な実験を行った上で安全性が確保されています。例えば、毒性の検査や発がん性の試験だけでなく、妊娠中の動物やその子供に対する影響を調べる催奇形性試験や生殖毒性試験、DNAに対する損傷を与え突然変異が起こるリスクを検出する変異原性試験なども行われており、妊婦や小さな子供への影響も意識をした検証が行われています。

また環境面に対しても、土壌から溶け出したり揮発して水質や大気を汚染する心配がないか、魚などの水生生物に対して有害な影響を確かめる水生環境有害性試験などの安全性を裏付けするための様々な検証が行われています。

2-2.「揮発性」がほとんどない

かつてのシロアリ薬剤はVOC(揮発性有機化合物)が多く含まれていました。床下で揮発した薬剤の成分が建物の小さな隙間を通って生活空間まで達するので安全面で影響があるだけでなく施工後数日間はニオイも気になってしまう、という状況でした。

現在市場に出回っているシロアリ薬剤は、基本的にVOCが成分としてほとんど含まれていないものばかりなので、施工中も普段通り生活していただいて問題ありませんし、施工後も薬剤のにおいが残り続ける事はありません。

ただし床下への出入りに使用した点検口周辺にはにおいがこもってしまう事があります。ただこれも一時的なもので、点検口のフタを閉じてしばらく換気をすると直ぐに気にならなくなるケースがほとんどです。

2-3.化学物質過敏症など特別な症状を持たれている方は注意が必要

ごく稀にですが、「化学物質過敏症」という症状の方がおられます。日常生活で芳香剤・洗剤・蚊取り線香・ヘアスプレーなどの化学製品を使用して気分が悪くなってしまう方は一度病院でシロアリ対策工事を実施しても問題がないか、専門医に確認を行ってもらうべきでしょう。

2-4.天然成分なら安心?

シロアリ薬剤の中には天然成分を用いている事を売りにしているものもあります。天然成分と聞くと一見安全に思えますが注意しなくてはいけないのは、天然成分由来と表記されているものはあくまでも天然成分「由来」であり、自然界には存在しない物質であることに変わりはありません。

また、薬剤は通常複数の成分を配合して作られますが、天然成分が配合されている割合はわずかであるというケースもあります。天然素材を謳っている薬剤であれば必ずしも安全というわけではないので注意が必要です。

3.まとめ

シートで囲う

現在の薬剤は人体だけでなく魚類や哺乳類などに対しての安全性も考慮して開発されており、妊婦や小さな子供に対しても比較的安全であると言えるでしょう。しかし妊婦はわずかな環境の変化で身体が敏感に反応してしまうこともあります。

基本的に点検口から離れた場所で待機をしていただければ問題はありませんが、万が一体調が優れない場合には業者と相談して作業を中断してもらった方がいいでしょう。

また、化学物質過敏症であったり「どうしても身体への影響が心配だ」という場合は、使用する薬剤量が通常よりも大幅に少なくて済む「ベイト工法」の実施をおすすめします。

ここでもう1つ大切なのは「信頼のおける業者選び」です。薬剤は人体や環境への安全のために、希釈濃度や散布量など様々な決まりがあります。その用法を正しく守らなければ安全面で何かしらの影響を及ぼしてしまう可能性があります。

また、施工時の養生や施工後の清掃などでもホコリやニオイの残り方などで差が出てしまいます。使用する薬剤の安全性だけでなく、しっかりと施工を行ってくれる安心できる業者かどうかという点にも気を付ける事が大切です。

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。

安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。