施工事例

カンザイシロアリ駆除

壁内部のアメリカカンザイシロアリ駆除

今回は千葉県で発生したアメリカカンザイシロアリの駆除施工事例です。通常カンザイシロアリの被害を発見するには、糞を見つけることが重要となるのですが、今回の発見はお客様がたまたま壁を触った際に一部だけ凹む箇所が見つかり、以前にも施工をした場所だったため心配になり一部剥がしたところ、壁内部に被害を見つけたというものです。

壁を剥がす

溜まったカンザイシロアリの糞

前回は別業者でごく一部分でのみの処理を実施しており、今回はそのすぐ横からの被害!いかに「どこまで処理するか」という施工範囲が重要かが分かります。

糞孔

その他周辺の壁も探すと一箇所に被害痕を見つけられました。

見えている被害を駆除する場合は直接被害材への穿孔注入処理を施しますが、壁内部を処理するためには壁の奥にある下地材が見えるまで壁を剥がす必要があります。

壁を剥がす

弊社では施工の度に手配をしなければならない大工の手間を省くため、多能工という技術者を育成しており、一つの会社で大工から駆除施工までを一貫して行うことでお客様としても一度の施工でいろんな業者が来るよりも安心していただけます。

剥がした壁の隙間

溜まった糞
壁を剥がすといたる所にこれまで見えなかった被害が見つかります。
最初にお見せした写真では糞を排出する穴は一箇所でしたが内部は広範囲に渡り被害にあっています。これが、カンザイシロアリの怖い部分なのです。


カンザイシロアリの駆除では、被害材への穿孔注入処理が基本です。ただし、穿孔する箇所は一般的なヤマトシロアリの駆除で行うような穿孔は行いません。弊社では経験に基づいた独自の穿孔技術で正確に木部内部のカンザイシロアリの通り道を見つけ出します。


正確にカンザイシロアリの道を捉えていれば薬剤を注入した以外の穴から薬剤が出てきます。実際には目に見えない道のほうが多く、正確に駆除を行うには高い技術力が求められます。

田中勇画像  記事:PCOスタッフ 田中