SHUT!の旬ネタコラム

  • バリアSHUT!
  • ベイトSHUT!
  • カンザイシロアリ駆除

シロアリの種類を解説!日本には20種以上が生息

2019.07.19

イエシロアリの兵蟻
シロアリはゴキブリ目シロアリ下目の総称です。分類上、ゴキブリに近縁の原始的な昆虫で「アリ」の名前がついているにも関わらずアリとは全く異なります。屋外で一般的に見られる黒色や茶色をした「アリ」は、ハチ目に属しており、蜂に近縁なのです。
シロアリにアリの名が付いているのは、その名前のとおり「白色をした蟻」から来ています。確かに蟻と同じような「大きさ」や「生活様式」をしており、特に「真社会性昆虫」と言われるように集団で活動し、女王・王を中心に働き蟻や兵蟻など役割分担をしながら生活します。少し前までは、シロアリ目(等翅目)に分類されていましたが、現在ではゴキブリ目の昆虫となっています。
そんなシロアリ。日本にはどの様な種類のシロアリがいるのか、その生態や特徴を見ていきましょう。

木村画像  SHUT!スタッフ 木村(蟻害腐朽検査士)

▼シロアリ無料調査受付中!
シロアリ無料調査受付中

日本に生息するシロアリ

日本では20種類以上のシロアリが確認されています。

ミゾガシラシロアリ科

ミゾガシラシロアリ科のヤマトシロアリ
日本で最も一般的なシロアリが属するのがこのミゾガシラシロアリ科です。住宅などの建築物を加害するものも多く、害虫としても重要なシロアリです。これらのシロアリは、一般的に地中を住処として蟻道(ぎどう)を伸ばしながら建物に侵入します。そのため「地下シロアリ」と呼ばれることがあります。

■ヤマトシロアリ《建築物加害種》

北海道の名寄市を北限とし、本州、四国、九州などほぼ日本全国に生息するシロアリです。生息域は日本に分布するシロアリの中で最も広く、私たちが普段目にするシロアリの大半がこのヤマトシロアリといえます。

ヤマトシロアリの職蟻
湿潤した木材を好み、朽木だけでなく庭の枕木や木杭なども食害します。また、住宅に度々侵入・営巣するため、家屋の柱や内装材などを加害するシロアリの代表種とも言えます。

■他のヤマトシロアリ属《建築物加害種》

ヤマトシロアリ属には上記のヤマトシロアリの他に多くの種類に分類されます。以前は亜種とされていたものも最近では別種とされています。

  • カンモンシロアリ
  • 関門海峡の周辺にだけ分布するシロアリです。羽アリの群飛が2月下旬から4月と早いためヤマトシロアリと区別することができます。

  • アマミシロアリ
  • 奄美大島と与論島で確認されています。

  • オキナワシロアリ
  • 沖縄本島に生息するヤマトシロアリ属のシロアリ。

  • ミヤタケシロアリ
  • 奄美大島や徳之島、沖縄本島で確認されています。

  • ヤエヤマシロアリ
  • 八重山諸島の西表島や石垣島で確認されています。

  • キアシシロアリ
  • 石垣島、西表島、与那国島で確認されている台湾原産のシロアリです。

■イエシロアリ《建築物加害種》

日本に分布するシロアリで最も建物への加害が激しい種類です。イエシロアリは世界的にも加害が激しい種類とされており、人為的にアメリカ本土などにも分布が拡がっています。

色々な大きさイエシロアリ
ヤマトシロアリが寒冷地でも生息できるのに対し、イエシロアリは分布の北限が千葉県や神奈川県の沿岸部です。そのため東日本では一般的ではありません。生息の中心は神奈川県以西の沿岸部や四国、九州、南西諸島や伊豆諸島、小笠原諸島で、温暖な地域に限られます。

イエシロアリの王と副女王
イエシロアリの王と副女王

 

レイビシロアリ科

この科のシロアリは乾燥した木材に住み着く(加害する)種類が多く、「乾材シロアリ」と呼ばれます。近年、本州などで問題となっている外来種「アメリカカンザイシロアリ」も含まれます。

■ダイコクシロアリ《建築物加害種》

日本に生息するカンザイシロアリの代表です。熱帯性で1月の平均気温が10度を下回る地域では生息することができません。そのため生息域は限られ、奄美大島以南と小笠原諸島にのみ生息します。熱帯では木材の加害例が非常に多く、木製時計やピアノなどの乾燥した木材に入り込み世界各地に分布域を広げています。

■アメリカカンザイシロアリ《建築物加害種》

カリフォルニア州やワシントン州など、北米の西海岸に生息するシロアリです。レイビシロアリ科の中では比較的寒さに強く、日本では1975年に東京都江戸川区で発見されたて以降、その後多くの地域で侵入が確認されています。

アメリカカンザイシロアリの擬職蟻
現在、宮城県仙台市での発見が最北で、都道府県別に見ると、山形県、福島県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、富山県、福井県、三重県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県、熊本県、長崎県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県各地に局地的に分布しています。

アメリカカンザイシロアリの女王と王
ダイコクシロアリ同様に家具などに入り込んだコロニーが世界各地に分散して定着しています。日本でも元々は輸入家具などから持ち込まれたと考えられています。

■ニシインドカンザイシロアリ《建築物加害種》

現在のジャマイカなどカリブ海諸国で最初に確認されたダイコクシロアリ属のシロアリです。ダイコクシロアリに似た形態をしており、同様に乾材への被害が問題となります。

ニシインドカンザイシロアリ
ニシインドカンザイシロアリの兵蟻

 

ニシインドカンザイシロアリ
ニシインドカンザイシロアリの擬職蟻とニンフ

 
東京都内での発見事例があり、輸入家具の移動で持ち込まれました。アメリカカンザイシロアリに比べると一般的な認知は低いですが、比較的温暖な地域では定着の可能性もあるため注意が必要です。

■他のレイビシロアリ科のシロアリ

上記以外にも、日本には多くのレイビシロアリ科のシロアリが生息しています。ただし下記のシロアリは生息範囲は狭く一般的ではありません。また、家屋への被害を引き起こさない種類がほとんどです。

  • カタンシロアリ
  • 静岡県を最北に、海岸沿いに分布するシロアリです。家屋への被害はなく、照葉樹の生立木やその枯れ枝などを加害します。

  • ナカジマシロアリ
  • 福井県の蒼島を北限として、紀伊半島や四国、九州の太平洋沿岸に分布します。カタンシロアリと生態は似ており、照葉樹の枯れ枝などに生息します。

  • サツマシロアリ
  • 上記2種同様に家屋への被害はなく、照葉樹の枯れ木や倒木などに営巣します。四国、九州の太平洋沿岸に分布します。

  • コウシュンシロアリ
  • 沖縄本島や八重山諸島に生息するシロアリです。コウシュンシロアリも家屋への加害はなく、枯れ木などに営巣します。

 

オオシロアリ科※(Archotermopsidae)

湿った朽木に営巣するため「湿材シロアリ」と呼ばれます。大型のシロアリで、日本には2種類が生息しています。建築物への加害はほぼありません。

■オオシロアリ

大隅諸島や奄美群島、大隅半島南端で確認されています。日本最大のシロアリで、働き蟻(10~15mm)兵蟻は大きいもので20mm近くになります。森林内の朽木に営巣するため、建物への加害はありません。

■ネバダオオシロアリ

ネバダオオシロアリ
北米原産のシロアリです。日本では兵庫県川西市の森林に定着が確認されています。建物への加害はありません。
 

シロアリ科

高等シロアリとも呼ばれ、地球全体でみると70%のシロアリがこのシロアリ科に属します。形態と生態は多様で、熱帯や亜熱帯ではリター(地面に堆積した葉や枝)の分解者として非常に重要な役割を果たしています。日本では沖縄本島や八重山諸島にのみ分布するシロアリで、建築物の加害はほとんどありません。

■タイワンシロアリ

キノコシロアリとも呼ばれ、地中の巣内にシロアリタケというキノコを栽培します。職蟻の頭部が赤褐色をしているため他のシロアリと区別するとができます。

■タカサゴシロアリ

樹上に巣を作るシロアリです。テングのような角を持つ兵蟻が特徴的なテングシロアリ亜科の一種です。日本では西表島など八重山諸島にのみ分布します。

■ニトベシロアリ

兵蟻の大アゴが左右非対称で特徴的なシロアリです。土中に営巣します。日本では西表島などにのみ分布します。木材などは加害せず、土中の腐葉土をエサとします。

■ムシャシロアリ

ニトベシロアリに似ており、土中に生息します。木材などは加害せず、土中の腐葉土をエサとします。

 

まとめ

日本の国土のほとんどが温帯に属するため、本州などでは比較的低温にも強い「ミゾガシラシロアリ科」のヤマトシロアリやイエシロアリが住宅を加害して大きな問題となっています。しかしながら、実際には住宅の木材を加害するシロアリは日本では22種類中5種類ほどしかいません。大半は枯れ木や土中の分解途中の植物を食べ物とし、炭素循環に大きく貢献する昆虫なのです。
本来であれば、現代の住宅を食害するヤマトシロアリなどのシロアリであっても、枯れた木材(樹木)を分解する生き物として物質循環や生態系に欠かすことが出来ません。たまたまシロアリの分解活動が住宅に及んだ時に、人間にとって『害虫』となるのです。ですから、極力シロアリは殺すべきではないのです。
しかし、住宅をシロアリから被害を受けずに健全な状態を維持することは地震対策などで極めて重要です。大切なのはシロアリが住宅に入ってこないようにする為に予め対策(シロアリ予防)をしておくことではないでしょうか

SHUT!の基本的な考え方はシロアリ予防です。「被害を受けてから駆除すればいい」ではなく、シロアリの地球全体での役割を理解した上で、シロアリの予防・駆除・対策についてこれからも考えていければと思います。

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。

安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。