SHUT!の旬ネタコラム

  • バリアSHUT!
  • ベイトSHUT!
  • 湿気対策

シロアリ業者の選び方 7つのチェックポイント

2019.07.08

タイトル画像
シロアリ防除サービスや換気扇などの適正な価格、いわゆる「相場観」をご存知ですか?シロアリ駆除業者の中には、残念ながらお客様の事情などを知った上で見積りを出す悪質な業者が存在します。このページでは悪質業者を見分け、優良なシロアリ業者を選ぶための7つのポイントをご紹介します。

七海画像  SHUT!スタッフ 七海

悪質業者を見分けるポイント

 

1.価格表が無い

価格表や単価の提示がなく「一式」などとされている場合、割増し請求されている可能性があります。価格表については点検当日その場で提示される場合もありますが、その価格が業者のホームページに掲載している価格表や単価と相違が無いかチェックしてみましょう。場合によってはホームページに詳細を掲載していない場合もありますので、その場合も注意が必要です。

また、訪問した際に家の大きさ(面積)や調度品、会話の内容から、その状況に合わせて見積りを出す業者もいます。こうした事からも、「価格表が無い」または「ホームページ上にも掲載できていない」業者については、その価格の適正さについて十分確認する必要があるでしょう。

 

2.見積書を渡さない。サービスの詳細も教えない

最近は少なくなりましたが、以前は100万円~300万円という高額料金にもかかわらず、請求額を口頭やメモ書きで提示するケースが目立ちました。現在ではほとんどの業者が見積書を提出していますが、もしも見積書なく工事を提案された場合は必ず見積書を作成してもらいましょう

また、そのような業者がなぜ見積書を見せないかというと、見積りの内容が後ろめたいということが挙げられます。出来るだけ証拠を残さないようにしている手法でもありますので、万一そのような業者だった場合は、直ぐには契約せず、他の業者にも相談してみましょう。

 

3.大幅な値引きをする

見積額からすぐに大きく値引きをされた場合、値下げを前提にしていて価格表の値段を高く設定している可能性が考えられます。

また、価格表を持っていない場合はお客様の顔色を見て、最初から高い単価で見積もっている場合があります。例えば、本来は20万円の床下換気扇設置工事を「30万円」と見積りしそこから5万円値引きする、といったやり方が見られます。すぐに2割近くの値引きがあった場合、最初からその定価や単価を疑ってみることも必要でしょう。

 

4.白蟻防除以外の商品やサービスを強く勧める(床下換気扇、耐震金具など)

よくあるパターンとして「土台が腐りかけている」「土台にカビが生えている」など、床下環境についての問題を指摘されることがあります。 そして「床下換気扇や調湿材で湿気対策が必要」などとシロアリ駆除工事に別の商品を抱き合わせて提案される場合があります。

もちろん本当に改善が必要な場合もあります。しかし、”悪徳”と言われるようなシロアリ駆除業者の場合は伺ったほぼ全てのお客様にオプション工事を勧めているのです。そして、そのほとんどが業界で3点セットと呼ばれる「白蟻防除工事、床下換気扇、調湿材」です。
商品やサービスのそれぞれは、決して悪いものではありません。ただし、「すべての住宅に等しく必要という訳では無い」ということなのです。弊社ではこれらのサービスは、適切な診断結果に基づいてご提案させていただいております。

 

5.定期点検のときにシロアリ防除以外のサービスを勧める

意外と盲点なのが、シロアリ駆除を行ったあとの定期点検です。「安くシロアリ駆除できて良かった」と思っていても、その1年後2年後に定期点検と称して関連商品や工事を提案してくる場合があります。シロアリ駆除後は5年間の保証がつくため、防蟻再処理について追加費用がかかることはありませんので、十分に注意しましょう。

定期点検については、「毎年点検が必須の業者」「中間点検や最終点検を実施する業者」など業者により点検実施時期は様々です。「毎年見てもらえるから安心」と考えてしまいがちですが、毎年点検する業者にとっては定期点検自体にコストが生じておりますので、悪徳商売としての側面がある可能性についても十分に考慮しておく必要があります。

 

6. 突然訪問してきた業者である

いわゆる訪問販売ですが、突然訪問してきて床下点検を勧めてくる場合は対応しないようにすることが大切です。「〇〇社と提携しているので安心です」であったり「地域限定のキャンペーン中」、「近隣で実施したのでぜひ」などとオススメされることがあるかもしれませんが、自分で依頼したのでなければお断りしましょう。

 

7.公益社団法人日本しろあり対策協会に加入していない

現在、シロアリ業者を規制する法律は無いため、いつでも誰でも白蟻駆除業者になることができます。そのため全国に白蟻業者が何社あるのかすら正確に分からないのです。そして、これが白蟻業者の実態がなかなか掴めない原因の一つにもなっています。

ただし、業界には国土交通省管轄の元「公益社団法人日本しろあり対策協会」という団体が組織されています。協会に加入していないからといって悪質な業者とは限りませんが、協会に登録された業者に依頼した方が無難であることは確かです。

――いかがでしたか?悪質なシロアリ駆除業者に騙されないためにも、1項目でも当てはまる業者は避けたほうが良いでしょう。基本は自分自身で依頼した業者の中から、上記の項目を参考に本当に納得のできるシロアリ駆除業者を選びましょう。

 

《番外》インターネットでのシロアリ駆除業者の選び方なら

インターネットでシロアリ駆除業者を調べると、沢山のシロアリ会社が見つかると思います。でも、ここでよく考えてほしいのは、”その会社が本当にシロアリに精通した信頼をおける会社なのか” ということです。どうしても”安い会社”に目がいってしまいがちですが、シロアリ駆除工事が完了した後に起こることまでしっかり想定してシロアリ業者を選ぶとこが大切です。インターネットでシロアリ駆除業者をお探しの場合は下記コラムをご覧ください。

▼シロアリ駆除業者を選ぶ前に!注意すべきポイントまとめ
www.shut-teoria.com/column/notes-to-choose-tco/

 

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。