SHUT!の旬ネタコラム

  • バリアSHUT!
  • ベイトSHUT!
  • テクノSHUT!

シロアリ駆除はいつする?一番いい時期や季節とは

2019.06.05

時期
「実際のところ、シロアリ駆除、シロアリ予防っていつ施工するのが一番いいの?」「いつがベストタイミングなの?」「そもそもシロアリ駆除に時期はあるの?」

というお問合わせを沢山いただきます。シロアリ防除業界としては、「シロアリのシーズン」と言うものは存在します。それは、4月~7月です。詳しい方は、なぜこの時期かピンとくるかと思います。その答えは、シロアリの羽アリが巣から飛び立つシーズンだからです。しかし、その羽アリのシーズンがシロアリ駆除をするベストなタイミングかというと、必ずしもそうではありません。

木村画像  SHUT!スタッフ 木村(蟻害腐朽検査士)

▼シロアリ無料調査受付中!
シロアリ無料調査受付中

羽アリが出てきたときは

もちろん「羽アリが出てきた!」という場合や、「被害を見つけてしまった!」という緊急事態の場合は、そのタイミングがシロアリ駆除のベストタイミングです。日本に広く生息するシロアリは4~7月に羽アリを発生させます。
特に、4月から5月にかけては、全国的に生息するヤマトシロアリの羽アリ発生時期に当たるため、我が家がシロアリ被害を受けていることに気づかれるお客様が集中する時期です。

シロアリの羽アリの発生期間

表のとおり、4~5月はヤマトシロアリ、6~7月はイエシロアリが順に羽アリを飛ばします。(外来種のアメリカカンザイシロアリは日本のごく一部に定着するシロアリですが、5月ごろから9月ごろまで羽アリを発生させます。)羽アリが出ているということは、シロアリ被害が進行中であるという裏付けですので、早いうちに専門のシロアリ駆除業者に対策を依頼しましょう。

 

羽アリが出終わったらシロアリ駆除しなくて平気?

羽アリ自体は、飛び始めてから数時間後には発生が落ち着きます。その後、数日に分けて発生することがありますが、せいぜい1週間もすれば羽アリは出てこなくなるでしょう。ここで注意するべきなのは、「羽アリが出終わる=シロアリもいなくなる」が間違いであるということです。下の円グラフを見てください。

シロアリの羽アリの割合

これはシロアリの巣を構成する働き蟻(職蟻)や兵蟻、羽アリや女王、王の割合をグラフ化したものです。ヤマトシロアリでは一つの巣に1万から数万匹のシロアリが社会生活を営んでいます。その集団の大部分を構成するのが「職蟻(しょくぎ)」というエサを運んだり、巣を作ったりする階級なのです。その割合はなんと9割以上。例え羽アリが出切ったとしても、自分の家の床下や壁の中には9割のシロアリが残って家を食べ続けていることになります。

ですから、「羽アリが出切ったからシロアリ駆除をしなくていい」ということにはなりませんので、羽アリが出た場合は、しっかり対処することが極めて重要です。※シロアリと黒アリの羽アリを見分ける方法や対応方法は下記のページに詳しく記載しました。

 

シロアリの保証が切れたときは?

新築の戸建て住宅にはシロアリの保証が付いています(多くは5年間の期限付きの保証です)。また、既存家屋でもシロアリ対策を実施すると5年間の保証がつきます。その保証が切れたらいつごろシロアリの対策をすれば良いのでしょうか。再処理(シロアリ予防)をするに当たり、オススメの時期があればそのタイミングで施工を依頼したいですよね。

シロアリの保証が切れた状態の時、いつごろシロアリ予防工事をすればいいかと言うと、それは切れたタイミングでシロアリ予防工事をおこなうのがベストです。

シロアリは冬眠しない昆虫です。そのため極端に言えば1年中活動を続けます。ですから、タイミングやベストな時期というものは存在しません。シロアリ防除工事をしてから5年以上経過している場合は、気づいたときがシロアリ駆除・予防のタイミングといえるのです。

シロアリ業者によっては、

「シロアリの活動が活発になるまえの3月ごろまでにやっておきましょう。」
「木材がより乾燥する冬場に施工すると、より木材に薬剤が浸透しますよ。」
「夏場はシロアリが活発だから、このタイミングで施工をしましょう。」

 
などとその時々に合わせてセールストークを変えて施工を勧める営業マンがいます。それもある意味間違いでは無いのですが、「だからやった方が良い」というほどのものではありません。シロアリは1年中活動をするため、シロアリ予防をおこなっていない建物は常にリスクが生じます。そしてシロアリ被害は、築25年以上で5棟に1棟がシロアリ被害を受けている現実があります。

シロアリの被害率

まだ、大丈夫!とシロアリ予防をやらないでいて、いつの間にかシロアリの被害を受けてしまった…。というパターンにならないように、気づいた時が「シロアリ防除のタイミング!」という考えで大切なお家を守っていきましょう!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。

安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。