SHUT!の旬ネタコラム

  • バリアSHUT!
  • ベイトSHUT!

シロアリを見つけたらどうするか?

2019.03.02

白いアリや羽アリを室内で見つけたら、「シロアリだ!」と思って大変驚かれるかと思います。すぐに市販の殺虫剤を散布してしまうかもしれませんが、落ち着いて行動することが第一です。この記事では、シロアリを見つけた時に確認するポイントなどをご紹介します!

木村画像  SHUT!スタッフ 木村(蟻害腐朽検査士)

シロアリの羽アリとクロアリの羽アリを見分ける方法や、シロアリだった場合の対応方法は下記のページに詳しく記載しました。
▼羽アリを見つけたら取るべき行動まとめ
https://www.shut-teoria.com/column/summary-action-discover-haneari/

 

シロアリを室内で見つけるということ

シロアリは暗くて湿った環境を好む害虫で、通常は床下から被害がはじまり、壁の中や水周り・玄関等へ被害を拡大させます。そのため、室内でシロアリが見られた場合、床下の建築部材を大方食べ尽くしている恐れがあります。さらに被害を大きくしないためにも迅速な対応が必要です。

 

1.まずは落ち着くこと

とはいえ、シロアリ(特にヤマトシロアリ)の被害の進行スピードは火災のように早いものではありません。

たとえ床上までシロアリの被害が進行していても、そのあとすぐに家が傾くようなことはめったにありません。まずは落ち着いて被害の状況を確認することが大切です。

 

2.殺虫剤はなるべく使わない

家の中でシロアリを見つけたら、思わず殺虫剤をかけてしまいたくなるかもしれません。しかし、市販の殺虫剤には忌避性(虫が避けて嫌がる成分)が入っているものが多く、殺虫剤をかけると生き残ったシロアリが住まいの別の場所に分散してしまい、その後の完全な駆除が難しくなってしまいます。

エアゾールスプレー

一般のお客様には非常に難しい事かもしれませんが、専門業者としてはなるべくなら殺虫剤は使用しないほうがその後のために良いとお伝えしています。

 

3.保証の有無を確認した上で工務店や業者に連絡を

新築時にシロアリの予防工事を実施している住まいであれば、通常は5年間の保証が発行されているかと思います。また、定期的にシロアリの予防工事をしている家も、やはり保証が発行されています。
もし保証期間中にシロアリを室内で見られるようなことがあった場合は、保証元の業者か建てた工務店・住宅メーカーに一度ご相談ください。保証が適応され、駆除費用などの負担が軽減される場合があります。
※保証の対象範囲につきましては、保証書に記載の項目をよくご確認下さい。

保証期間等が不明な場合は、まずはシロアリの専門業者に一度ご相談ください。
 

建物の外でシロアリを見つけたら

シロアリは土の中ならどこにでもいる生き物です。お庭や防蟻処理をしていないウッドデッキにシロアリが見られるのはごく自然なことです。大切なことは建物にシロアリ対策がなされているかどうかです。シロアリ対策がなされているなら、建物はシロアリから守られているため安心できます。(庭に植えている木杭や枕木などはシロアリの発生源となりうるため、取り除くことをお勧めします)

シロアリの侵入経路

ご自身でシロアリ駆除をするよりも業者に任せた方が安心

市販の薬剤を使ってご自身でシロアリを駆除することもできますが、完璧に退治するのは難しいです。普段入ることのない床下は身動きがとりにくいですし薬剤を隅々まで散布するのには知識や技術が必要です。「駆除業者に頼むより自分でやった方が早い」など安易な考えで行うと、後々被害が再発することが考えられます。

SHUT!(シャット)はシロアリ防除の専門家として、これまでに28万件以上の防除工事実績があります。経験から得たノウハウを活かしてお客さまの住まいをシロアリ被害からお守りします。住まいの構造やご家族の要望(「薬剤の散布に抵抗がある」「ペットにも配慮した工事をしてほしい」等)に合わせた防除工事のご提案をさせていただきますのでご安心ください。ご不明な点などがありましたらお気軽に電話もしくはメールにてお問い合せ下さい。

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。