SHUT!の旬ネタコラム

  • バリアSHUT!
  • ベイトSHUT!
  • テクノSHUT!

こんなにある!シロアリ対策の工事方法

一口にシロアリ対策、シロアリ予防(駆除)工事といっても、薬剤の種類やそれに合わせた施工方法は多岐にわたり、工事方法によって金額・保証内容などは異なります。また、お住まいの構造や業者によって、対応できる工法・対応できない工法がありますので、家を建てた住宅メーカーや複数の専門業者と相談するなどして、工事方法を決定するのがよいでしょう。
この記事では、シロアリ業界の中でも施工されることの多い一般的な工事方法をご紹介します。

七海画像  SHUT!スタッフ 七海

液剤施工

木部処理
床下の土壌や床下に使われている木材に、液状の薬剤を散布・吹き付け処理を行う事で、シロアリからの被害から守ります。最も一般的な防蟻施工であり、当社で主に行なっているのもこの工法です。当社では一階の床下全面に施工することで、5年間の保証をお出ししています。

 

ベイト工法

ベイト剤を施工
ベイト工法
維持管理型シロアリ防除システムとも言われ、他の工法が建物の床下を中心に施工する一方、この工法では建物の外周に施工します。
建物周囲の地面に「ステーション」と呼ばれる機材を埋め込み、遅効性の毒エサ剤を中に入れて定期的に毒エサ剤を追加投入することで、建物周囲に生息しているシロアリから建物を守る工法です。
ペットやお子様がいらっしゃるなどの理由で床下への薬剤施工を避けたいお客様のほか、浅草寺など歴史的文化財でも利用されています。
工事費用は建物の外周の長さで変動します。決まった間隔でのステーションの設置が不可欠なので、隣家と隣接していたり、敷地いっぱいに建物が立っているお住まいの場合は施工が難しい場合があります。

 

テクノガード工法


テクノガード工法は、白蟻駆除薬剤を混ぜた樹脂と硬化剤を床下全体へ散布します。樹脂は時間の経過とともに硬くなり、1年ほどするとカチカチに硬化します。この硬い樹脂の層はシロアリの予防対策として優れた効果を発揮し、さらに土壌から上がってくる湿気対策にもなりますので、シロアリと湿気の対策両方を検討しているお客様におすすめします。施工の際は、床下がなるべく平らになるように(樹脂の層が均一に形成されるように)床下の石や障害物などを取り除く作業が必要になります。

 

粒剤施工

粒剤施工
床下の基礎際に粒状の防蟻薬剤を盛り積みし、配管などの立ち上り部分には防蟻成分の入った塗料を塗布して防蟻対策とします。粒状の薬剤のため、成分が床上に上がってくることがなく、お住まいのお客様にとって安全性の高い薬剤です。一部の住宅メーカーなどで導入されており、当社でも一部の住宅メーカーのお住まいで対応しております。

 

防蟻防湿シート工法

床下基礎内に防蟻・防湿効果のあるシートを引き込み、基礎際、配管際には防蟻薬剤を処理して防蟻対策とします。シートに薬剤成分が練り込まれているため、成分が飛散したり蒸発しないことが特徴です。当社では、一部の住宅メーカーのお住まいで対応しております。

※上記に挙げた工法はあくまでもシロアリ対策方法の一部となります。

 

薬剤の成分を詳しく知りたいときは…

アレルギー・化学物質過敏症などの理由で、より詳しく薬剤の成分や安全性を知りたい場合は、薬剤の製造会社から「化学物質等安全データシート(略称MSDSまたはSDS)」という文書を提出してもらうのがよいでしょう。データシートには使用されている化学物質や安全性、環境への影響などが数値によって明記されています。ウェブサイト上でダウンロードできるよう公開している会社も多いです。
 

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。