施工事例

バリアSHUT!

築年数約20年の物件での施工事例(三鷹市)

築年数20年の物件でのシロアリ対策工事の事例になります。

点検時の床下の状況です。シロアリは蟻道と呼ばれる土のトンネルを作り上に上がっていく習性を持っています。床下の点検では蟻道がないかどうか確認を行います。

今回の物件は床下がベタ基礎構造となっていたので一見土など見当たらないように思えますが、コンクリートの下は土になっており、基礎際には土の部分と繋がっているいる目に見えない小さな隙間があります。

点検ではシロアリの被害や配管の水漏れといった以上は見受けられませんでした。しかしシロアリはその小さな隙間を利用して建物の内部に侵入することがあります。床下がコンクリートであるからといって、シロアリ対策をおろそかにすることはできないのです。予防としてのシロアリ対策工事をお客様にご提案し、施工のご依頼をいただきました。

床下での作業の様子

実際のシロアリ対策工事の様子を紹介していきます。床下の施工前には点検口周辺に養生をおこないます。周辺をビニールで囲い、点検口の真上にはプラスチック製のフタでほこりやにおいの対策をします。なお、薬剤そのものは人体に害のない安全性の高いものを使用しております。

木部処理を行います。木部に薬剤を散布することで、シロアリの木材への食害を防ぐだけでなく、土台や大引きなどの構造体の腐朽も防ぎます。

木部処理のあとは土壌処理を行います。床下のコンクリート全体に液状の薬剤を散布していきます。土壌処理を行うことで、シロアリは床下空間に入ってこれなくなります。木部処理と併せて2種類の「防蟻ライン」が薬剤散布により形成されます。

玄関部での床上からの薬剤注入

床下の作業後は床上から床下で薬剤散布ができない場所に対しての処理を行います。今回は玄関のクロス部分から注入を行いました。

すべての作業を問題なく無事に終えることができました。目に見えない場所で活動するシロアリの対策を行うことが、長く安心して住むための家づくりの大切な一手となります。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。