施工事例

バリアSHUT!

羽アリが発生したアパート物件での駆除施工(中野区)

室内で羽アリが発生した物件でのシロアリ駆除の事例です。水道の蛇口の隙間から無数に羽の生えたアリが出てくるとの事で調査のご依頼をいただきました。

床下の調査

羽アリが発生した個所の床下の状況です。土台はシロアリによる食害を受けており、漏水も発生していたようです。

被害発生個所の床下の状況です。一見特に異常はないように見えます。

裏側にはシロアリの通り道である蟻道が作られていました。

床下ではその他にも複数の蟻道が見受けられました。

浴室の土台にもシロアリの被害・腐朽が発生していました。こういた腐朽は強度の低下だけでなく地中のシロアリの誘引にもなります。

床下での薬剤散布

床下に進入して駆除作業を行います。まずは床下に進入する点検口周辺にビニールの養生を設置します。

シロアリの被害が発生している木材には内部に薬剤の注入を行いました。

その後通常のシロアリ対策を床下全面に施しました。木部処理と土壌処理、2つの処理により床下にシロアリの侵入を防ぐための2種類の防蟻ラインが形成されシロアリの侵入を防ぎます。

床上のシロアリ対策

床下の作業後は床上から薬剤の注入処理を行います。玄関ではたたき・ドア枠・壁の3か所から穿孔を行い、内部に薬剤を注入しました。こういった処理を行うことで、玄関の框やドア枠がシロアリの被害に遭うのを防ぎます。

浴室のドア枠・壁でも同様に穿孔処理を行います。浴室下はシロアリの被害が発生していた場所でもあり、多めに薬剤を注入しました。穿孔後は補修材で補修を行いました。

この物件では点検時床下で水漏れが発生していましたが、水漏れの放置はシロアリ発生のリスクを大きくしてしまいます。知らない間に床下で被害が広がってしまうという事が起きないようにするために、定期的な床下の点検・予防工事を実施していただくことをおすすめします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。