施工事例

バリアSHUT!

築年数約20年でのシロアリ対策工事(西東京市)

西東京市の築年数20年ほどの物件でのシロアリ対策工事の事例です。点検の際床下にシロアリの被害や水漏れは見受けられませんでしたが、予防としてのシロアリ対策工事の重要性をお伝えし、施工のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

施工前養生
施工前養生

床下の施工前に行う養生です。四方と天井をマスカーテープで覆っているのでほこりの飛散を防ぐことができます。

点検口のフタ

また、点検口の真上にもプラスチック製のフタをすることで、床下の臭いが室内に入ってきてしまうことを防ぎます。

床下木部処理
床下木部処理

薬剤を散布していきます。まずは木部処理から行います。木部処理剤を土台や大引きの表面に対して散布します。木材は腐朽した時にシロアリを誘引するリスクも上がりますが、木部処理剤には腐朽のリスクを抑える働きもあります。

土壌処理を行います。土壌処理剤を土壌面全体に散布していきます。基礎際にはセパレータがあり、ベタ基礎構造であることがわかります。床下がコンクリートだとシロアリ対策は一見不要であるかのように思えますが経年で基礎際に小さな隙間ができるので、そこから建物の内側に侵入してくるケースがあり注意が必要です。

床下土壌処理
配管周りの土壌処理

主な侵入経路である基礎際や配管の周りには特に重点的に薬剤を散布しました。

床上からの防蟻薬剤の穿孔加圧注入

玄関クロス穿孔処理

床下からの処理ができない場所がある場合には床上からも薬剤の穿孔注入処理を行う必要があります。そのような可能性がある場所は具体的には、玄関、浴室、トイレなどです。今回の物件では玄関部分で床上からの処理を行いました。クロスに爪楊枝ほどの大きさの穴を開け、内部の土台に薬剤が行き渡るように薬剤を注入します。

2時間ほどですべての作業は完了しました。今回の物件は元々床下も非常にきれいな状態でしたが、シロアリ対策を実施したかどうかで年数が経過したときの状態には大きな差が生まれます。定期的にメンテナンスを行うことが重要なのです。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。