施工事例

バリアSHUT!湿気対策

シロアリの駆除と床下換気扇の設置(入間市)

シロアリの駆除と床下換気扇の設置を同時に行った施工事例です。浴室に羽のついたアリが大量に発生したとのご相談を受け、調査にお伺いしました。

床下の点検

シロアリの蟻道
シロアリの蟻道

床下ではシロアリの通り道である蟻道が数カ所で見受けられました。

蟻道近景

木部が緑色に変わっているのは木部に対する防腐対策を実施している証拠です。しかし年数が経てば徐々に薬剤の効果は消失していきます。また、木部への処理にはその部材がシロアリの被害に遭わないようにする力はあっても、シロアリの土の下からの進入そのものを止める事はできません。やはり床下の定期的なシロアリ対策は必要不可欠と言っていいでしょう。

床下の施工

薬剤
柱への木部処理

床下に薬剤を散布していきます。まずは木部処理を行います。被害部の周辺には重点的に薬剤を散布します。木部処理を行うことによってシロアリの被害を防ぐと同時に、木部の腐朽によりシロアリを建物まで誘引するリスクも小さくします。

床下土壌処理
床下土壌処理

土壌処理を行います。木部処理同様に被害部には重点的に散布をしますが、シロアリの建物の内側への直接の進入を防ぐための処理でもあり、丁寧に作業を行いました。基礎の立ち上がり部分がシロアリの主な侵入経路となります。帯状散布と呼ばれる散布方法でシロアリの進入を防ぐための薬剤のバリアを作ります。

床下換気扇

床下に換気扇を設置します。床下換気扇には床下空間の空気をかき混ぜる撹拌型、通気口から床下の空気を吐き出す排気形があり、これらの換気扇を組み合わせて設置します。今回の施工では撹拌型を1台、排気形を2台の合計3台設置しました。

床上のシロアリ対策

玄関穿孔注入
玄関穿孔注入
玄関穿孔注入

玄関部の処理を行います。床下から薬剤の散布ができないスラブ部分に対し、クロス、ドア枠、たたきの3箇所から穿孔をし、内側に薬剤を注入しました。穿孔後はそれぞれ専用の補修材で補修を行います。

浴室壁穿孔注入
浴室ドア枠穿孔注入

在来浴室部の処理を行います。今回羽アリが発生したのは浴室でしたが、床下で蟻道が見受けられたのもやはり浴室の近くでした。在来浴室は床下空間がなく水気も溜まりやすいことからシロアリの被害に遭いやすい傾向にあります。壁とドア枠から薬剤をしっかりと注入しました。

4時間ほどですべての作業を無事に終えることができました。今回の物件では床下に蟻道こそ見受けられたものの、シロアリによる重度な食害はありませんでした。しっかりと駆除を行ったので、安心して暮らしていただけるでしょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。