施工事例

バリアSHUT!

点検口の作成も同時に行ったシロアリ駆除の事例(新宿区)

築年数40年ほどの物件でのシロアリ駆除の事例です。

窓枠の食害

窓枠から羽アリが発生しているとご連絡がありましたが、下部にシロアリの被害が見受けられました。

外周の蟻道

また、室外機の裏側には蟻道が見受けられました。直射日光が当たらないこういった場所はシロアリが蟻道を作り建物内部に侵入する経路とすることがあります。廃材を建物の外周に置くときはこういった蟻道を作られないよう、壁に直接立てかけない・置いたものはなるべく早めに撤去するなどの注意をする必要があります。今回は建物の内側にもシロアリの被害が及んでいることが考えられました。

点検口作成前
点検口作成後

しかし床下に進入するための点検口は元々備わっていないようでした。SHUT!では自社で点検口の作成も行うことができます。フローリングに新たに点検口を新設し、床下の調査をしました。

床下の蟻道
蟻道の中のシロアリ

やはりシロアリは床下側からも侵入しているようでした。シロアリの通り道である蟻道とシロアリが見受けられました。お客様に状況をご報告し、早速駆除作業に取り掛かりました。

床下の薬剤散布

床下木部処理

まずは木部に対して霧状の薬剤を散布していきます。

浴室土台

浴室下の土台では上から染み出た水により腐朽が発生していました。

腐朽部木部処理

在来浴室はこのように経年で腐朽を起こしやすい傾向にあり、腐朽が発生すればその分シロアリの被害に遭ってしまうリスクも大きくなります。防腐成分が含まれている木部処理剤をしっかりと散布しました。

床下の基礎際の土壌処理

床下の土壌処理を行います。全面に液状の薬剤を散布します。シロアリは蟻道を作りながら必ず下から上に侵入してくる習性を持っています。土壌処理を行うことで床下全体に薬剤のバリアを張り、シロアリは建物の内側に侵入できなくなります。

床上の薬剤散布

ドア枠処理
たたき処理

床下の作業後は床上からも薬剤の注入処理を行います。玄関部は床下からの薬剤散布を行えないのでその代わりに床上から穿孔を行い、ドリルで注入をします。ドア枠・たたきから注入処理を行いました。

窓枠への穿孔注入

羽アリが発生した窓枠にも薬剤を注入します。内部に薬剤を注入し、発生しているシロアリの駆除を行いました。

作用は3時間ほどで終了しました。シロアリは見えない場所から建物に侵入して木材を食害するので気づいた頃には被害が大きくなってしまいがちです。定期的な予防工事を行い侵入を事前に防ぐよう対策を行うことをおすすめします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。