施工事例

バリアSHUT!

保証満了を迎えてのシロアリ対策工事の再施工(板橋区)

築年数10年程度のbefore物件でのシロアリ対策工事の再施工の事例です。

点検時の床下全景

点検時に床下にシロアリの異常は見受けられませんでした。しっかりと予防意識を持たれている方のようで、5年前にも他業者でシロアリ対策工事をされたとの事でした。引き続き予防工事を行うことの大切さをお話しさせていただき、施工のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

床下での薬剤散布の様子をご紹介します。まずは木部処理。木部には加圧注入処理が施されているようでしたが、その上から霧状の薬剤を散布しました。加圧注入材は内部まで薬剤がしみ込んでいるため既存の薬剤も効果が消失することはありません。表面に薬剤を散布しておくことでシロアリに対する予防効果を更に強固にすることができます。

床下土壌処理

床下全体に薬剤を散布します。コンクリートでも経年で隙間ができるので万が一のシロアリの侵入に備えしっかりと対策を行う必要があります。薬剤のバリアを表面に張ることでシロアリは建物の内側に侵入できなくなります。

配管周りへの土壌処理

シロアリの主な侵入経路は基礎際や配管の立ち上がり部分ですのでそういった場所には多めに薬剤を散布します。

床上のシロアリ対策

床上の玄関部分の処理を行います。クロスに3mm程度の大きさの穴を開け、内側に薬剤を注入します。玄関部分はスラブ構造になっており、床下から薬剤散布をすることができないので、その代わりに床上から薬剤注入を行います。こうすることにより玄関側からのシロアリの侵入を防ぎ、玄関部の巾木や框裏などのシロアリの被害を防ぎます。

調査・工事ともに満足していただくことができました。これからもお客様に「依頼をしてよかった」と思ってもらえるようなスタッフであり続けれるよう、心がけていきます。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。