施工事例

バリアSHUT!

過去に羽アリが発生した物件でのシロアリ対策工事の再施工(練馬区)

築年数30年ほどの物件でのシロアリ対策工事の再施工の事例です。

過去のシロアリの被害痕

5年前に室内で羽アリが発生したことでお伺いした物件でしたが、今回の点検ではシロアリの生息はなく床下に異常は見受けられませんでした。とはいえ薬剤の効果はずっと続くものではありません。調査の結果報告では前回の施工から時間が経過してシロアリ予防の効力がなくなりつつあること、継続してシロアリ対策を行っていただくことの重要性をお伝えさせていただき、再施工のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

土台部木部処理
玄関木部処理部処理

床下で薬剤を散布します。木部処理ではノズルを用い床下の木部全体に霧状の薬剤を噴霧していきます。木部に直接薬剤を散布することにより、シロアリはもちろんですが腐朽菌からも木材を守ります。

床下土壌処理
床下土壌処理
配管周り土壌処理

土壌処理では全体に薬剤を散布します。配管の周辺や基礎際の立ち上がりはシロアリが侵入しやすい場所なので重点的に薬剤を散布します。シロアリは土の下には無数に存在する生き物です。土壌処理を行うことによりシロアリは建物の内部に侵入できなくなります。

床上のシロアリ対策

床上からの穿孔注入を行います。玄関ではたたきに穴をあけ、薬剤注入を行います。タイルの下は土になっており、シロアリはそこから侵入してくることもあります。内側に薬剤を注入し、シロアリの侵入を防ぎます。

たたき土壌処理
浴室
ドア枠

浴室も在来構造となっており、通常の防蟻処理だと浴室下へ薬剤を直接散布することができないため、入り口のドア枠の根本や、壁のタイル目地から薬剤を注入しました。

すべての作業は2時間ほどで完了しました。以前はシロアリが発生してしまった物件でしたが、引き続き安心してお住みいただける事でしょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。