施工事例

バリアSHUT!

外周の木材にシロアリの被害を発見(三鷹市)

ベタ基礎の物件での施工事例です。築年数は20年程度の建物です。

床下全景

床下にシロアリの被害や配管の水漏れなどの異常は見受けられずきれいな状態でした。

外周で発見したシロアリの被害

建物外周部分にはシロアリの被害が確認されました。シロアリは土の下ならほぼ日本全域に生息する生き物であり、今回のお客様の建物の下でも活動をしている証拠です。

「床下がベタ基礎構造だとシロアリ対策を行わなくても問題ない」と考えられる方もいるようですが、コンクリートは経年で縮んでいく特徴を持っており、年数が経てば経つほどその隙間からのシロアリ侵入のリスクが高くなっていくので油断は禁物です。調査の報告書をお客様にご提出し、シロアリ対策工事のご依頼もいただきました。

床下のシロアリ対策

土台部木部処理

まずは木材に薬剤を散布します。土台や大引きなどに霧状の薬剤を散布していきます。

框裏吹き付け処理

玄関の框裏は床下空間がなく、シロアリが侵入しやすい場所の1つです。隙間からの侵入を防ぐために裏側にも多めに薬剤を散布しました。

土壌処理全景
配管部土壌処理

床下全面に薬剤を散布していきます。シロアリの主な侵入経路は基礎際の立ち上がり付近にできる小さな隙間ですので、それらの場所には重点的に薬剤散布を行いました。

床上のシロアリ対策

玄関クロスから薬剤注入

床下での作業後は床上からも薬剤処理を行います。クロスに穿孔をし、針状のノズルで内部に薬剤を注入しました。注入後は専用の補修材で補修を行いました。

すべての作業は無事に終えることができました。床下は元々非常にきれいな状態でしたがそれを維持するには定期的なメンテナンスが必要不可欠です。5年に1度はシロアリ対策工事を実施していただくことをお勧めします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。