施工事例

バリアSHUT!

ベタ基礎の物件での再施工予防工事(志木市)

ベタ基礎の物件でのシロアリ対策工事の事例です。ご近所に住まれている知り合いの方から弊社の事をご紹介いただき、5年前に初めて施工を行っていただいた方です。今回保証満了に伴い床下の調査をさせていただき、床下の無料調査を行いました。

床下にシロアリの被害や配管の水漏れは確認されませんでした。薬剤の効力が5年で切れることをご説明し、再施工のご提案をさせていただいたところ、工事のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

床下木部処理

床下の土台、根太、大引などに薬剤を散布していきます。これを木部処理といいます。木部処理を行うことで木材を腐朽から守り、強度の低下やシロアリの被害のリスクを小さくします。

基礎際土壌処理
土壌処理面状散布

木部処理を終えた後は土壌処理を行います。床下全体に薬剤を散布しますが、基礎際や束石、配管周りなどには重点的に薬剤を散布します。
床下がベタ基礎のようにコンクリートになっている場合でも経年でコンクリートが収縮した際にシロアリが侵入できる小さな隙間ができます。しっかりと薬剤のバリアでシロアリの侵入を防ぎます。

床上のシロアリ対策

玄関たたき処理
玄関ドア枠穿孔処理
玄関壁穿孔処理

玄関部では床上からの穿孔処理を行います。たたき・ドア枠・壁の3か所から薬剤を内側に注入しました。玄関のタイル下は土になっており床下からの薬剤散布ができませんが、シロアリはそういった場所からも建物に侵入し、巾木・框・ドア枠などに被害を及ぼすことがあります。薬剤注入を行いそういった場所が被害に遭ってしまうのを防ぎます。

専用の補修材で補修を行い、すべての作業が完了しました。ベタ基礎であってもシロアリの被害に遭わないとは言い切れないので油断は禁物です。次の保証満了までシロアリの心配をすることなく安心して暮らしていただける事でしょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。