施工事例

バリアSHUT!

過去に浴室で被害が見受けられた物件でのシロアリ対策工事(千葉市稲毛区)

以前浴室でシロアリの被害が見受けられた物件でのシロアリ対策工事の再施工の事例です。

浴室下土台

以前は在来浴室でしたが現在は羽アリが現在はリフォームによりユニットになっています。在来浴室は水気がたまりやすく、土台などの木材も腐朽が発生しやすいのでシロアリの被害に遭いやすい傾向にあります。

木材の腐朽の跡

浴室周辺の木材には過去に浴室から漏れ出した水分の跡が見られたものの現在は新たなシロアリの被害は見受けられませんでした。とはいえ薬剤効力自体は既に消失しているようでした。床下が再びシロアリに対して無防備な状態に戻りつつあることをお伝えすると同時にシロアリ対策工事の再施工をご提案し、工事のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

木部への薬剤散布

床下で薬剤を散布していきます。まずは木部処理から行います。根太や大引きなどの構造体に霧状の薬剤を吹き付けます。

床下土壌処理

その後土壌面全体に土壌用の薬剤を散布していきます。

基礎際の土壌処理

シロアリの主な侵入経路は基礎際などの立ち上がり部分です。こういった場所には帯状散布と呼ばれる方法で重点的に散布をしていきます。

浴室下の薬剤散布

浴室下にも薬剤を散布します。在来からユニットに交換したことにより床下空間は存在しましたが基礎で囲われており直接の進入はできなかったので、土台上の隙間から薬剤を内側に注入しました。

床上のシロアリ対策

玄関ドア枠処理

床下の作業後は玄関部の処理を行います。玄関ではたたき・ドア枠・クロスなどに穿孔処理・加圧注入処理を行います。玄関のタイル下には土が盛られていますが、シロアリはそこから小さな隙間を縫って入り込みドア枠や巾木や框などの木材に被害を及ぼすことがあります。しっかりとシロアリ対策を行い、建物への侵入を防ぎます。

作業は2時間ほどで完了しました。薬剤の効力の持続期間は約5年です。一度施工を行った物件であっても年月が経過すれば効力は薄れシロアリの侵入を許してしまう可能性があります。住宅のメンテナンスとして継続的に予防工事を行うことをおすすめします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。