施工事例

バリアSHUT!

過去に羽アリが発生した物件でのシロアリ対策工事の再施工(佐倉市)

過去にシロアリの羽アリが発生した物件での対策工事の事例です。保証満了の際に床下の点検をしましたが現在は異常は見受けられませんでした。シロアリの薬剤の効力の目安は5年です。一度駆除を行っても時間が経過すれば再び床下はシロアリに対して無防備な状態となってしまいます。再施工のご依頼をいただくことができました。

床下のシロアリ対策

木部へのシロアリ対策
木部へのシロアリ対策の遠景

床下で木部処理を行います。根太・大引・土台など構造体に対して薬剤を散布していきます。シロアリの被害に遭ってしまうとこのような木材の強度は低下し、地震などが起きると倒壊の原因にもなります。今回の物件では幸いそういった構造部分の被害は軽微でしたが、気づかないうちに深刻な被害を受けてしまうこともあるので注意が必要です。

シロアリの被害箇所への薬剤散布
土壌処理
基礎際への処理

土壌面全体に薬剤を散布していきます。過去に被害が発生した場所には特に入念に処理を行いました。コンクリートの基礎際にはシロアリが侵入できるだけの小さな隙間が存在します。そういった場所からの侵入がないよう、基礎際や配管周りには特に重点的に散布しました。

床上のシロアリ対策

玄関スラブ下へのシロアリ薬剤の注入
ドア枠への薬剤注入
玄関クロスへの薬剤注入

玄関部への薬剤注入を行います。玄関の巾木や框などは床下だけでなく、土間の下からのシロアリの侵入も考慮する必要があります。タイルの目地やドア枠にドリルで穿孔し、内部に薬剤を注入します。その後専用の補修材で補修を行います。

今回の保証満了による再施工も無事完了しました。シロアリ対策工事は定期的に行うことが大切です。また5年間安心してお住みいただける事でしょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。