施工事例

バリアSHUT!

築年数30年ほどの木造住宅での事例(世田谷区)

築年数30年ほどの物件でのシロアリ対策工事の再施工の事例です。

床下のシロアリ対策

点検口付近の養生
ポールで全体を囲う

床下への進入前に養生で周辺を覆います。薬剤そのものは安全なものを使用していますが、床下独特の臭いなどもあり、それを感じてしまわないようポールを使ってしっかりと全体を囲ってしまいます。

床下土台への薬剤散布
大引と木束への薬剤散布

薬剤散布を行います。まずは木部の表面に霧状の薬剤を吹き付けていきます。玄関の框裏などの小さな隙間にも薬剤が行き届くよう丁寧な作業を心がけます。

床下土壌への薬剤散布
配管回り土壌処理

床下に薬剤を散布します。全面に薬剤を散布していきます。配管回りや基礎際などの地面からの立ち上がり部分には特に重点的に薬剤を散布していきます。薬剤は成分1つ1つがマイクロカプセルと呼ばれる特殊な形状をしており、効果がしっかり持続するつくりになっています。

日本において過去に使用されていた薬剤は効果が非常に長期間に渡り持続しましたがその分人体に害を与えるリスクも存在しました。弊社では、現在は安全面に考慮しつつシロアリから建物を守る効果も併せ持った薬剤であるかどうか、「公益社団法人 日本しろあり対策協会」によって認定されたものを使用しています。

床上からの薬事散布

玄関のたたき穿孔
玄関のドア枠穿孔

玄関などの土間は床下からの処理が行えないつくりになっているので、ドリルを用いて穿孔処理を行いコンクリート下部の土壌部分に薬剤を注入していきます。コンクリートは経年で縮小していく性質を持っており、その時にできる小さな隙間がシロアリの侵入経路となります。玄関の巾木や框がシロアリの被害に遭わないようにするには床下からの侵入だけでなく、玄関側からの侵入の可能性も考える必要があります。

クロスにも穿孔を行い、薬剤が内側の土台まで行き届くように注入処理を行います。穿孔注入処理を終えた後は穿孔部に補修を行いました。3時間ほどで全ての作業が完了しました。シロアリが建物に侵入できない環境が作られたので、安心して過ごしていただけることでしょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。