施工事例

バリアSHUT!

築年数50年ほどの物件でのシロアリ対策工事(久喜市)

築年数約50年程の物件でのシロアリ対策工事の再施工の事例です。近所にご家族の方が住んでおられ、保証満了ごとにそれぞれの床下のメンテナンスのご依頼をいただいており、今回で4回目の保証満了となります。

床下の施工

点検口
点検口周りの養生

施工前に点検口周辺に養生を行います。周辺をマスカーテープで囲い、ほこりの飛散を防ぎます。また点検口の真上にはふたをして臭い対策も行います。(薬剤は揮発性のない安全なものを使用しています)

床下木部のシロアリ対策
玄関土台部への薬剤散布

床下で木部処理を行います。防腐成分が入ったシロアリ対策用の薬剤を床下に散布していきます。腐朽から木材を守ることでシロアリのリスクも下げることができます。また、玄関部分の框裏はシロアリの被害に遭いやすい場所です。薬剤を散布する床下ではなく、薬剤が届きにくい土間の方から侵入してくることが多いためです。そういった場所にもしっかりと散布を行いました。

床下土壌処理
基礎際土壌処理

土壌処理を行います。地面からの立ち上がりである基礎際や束石周りを重点的に、全体に薬剤を散布していきます。これによりシロアリが床下の空間に侵入できなくなるので、建物の安全が守られます。薬剤は成分がマイクロカプセルという特殊な形状をしており、長く効力を保ち続ける事に適した構造になっています。

床上の穿孔処理

玄関たたき穿孔
玄関壁穿孔

床下の作業後は床上から穿孔処理を行います。床上からも薬剤注入を行うことでシロアリが土間の床下から薬剤散布ができない空間からの侵入も防ぐことができます。たたきにはタイルの目地に穿孔をして、クロスには柱と柱の間の間に穿孔をおこないそこから薬剤を注入しました。注入にはそれぞれ穿孔した穴の大きさに適した特殊なノズルを使用します。

すべての作業を終え、今回のシロアリ対策も無事に完了しました。長く安心して住むことができるできる家を作るのが私達の仕事です。しっかりとシロアリから建物を守ってくれることでしょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。