施工事例

バリアSHUT!

過去にシロアリの被害が発生した物件での再施工(小金井市)

過去に床下でシロアリの被害が見受けられた物件での、一定の期間が経過したことによる薬剤の効力消失による再施工の事例です。

床下の点検

床下のシロアリの被害

床下では新たなシロアリの被害は見受けられませんでした。過去の被害は発見当初は床下にシロアリの特徴である土のトンネル(蟻道)は見当たらなかったので外壁側から侵入をされたようです。床下はコンクリートで固められていましたが、床下からの進入だけでなく、そういったルートからの侵入の可能性も存在するので、「床下がコンクリートだから私の家はシロアリの心配はない」という考え方は危険です。今回も再施工のご依頼を頂きました。

シロアリ対策の再実施

木部のシロアリ工事
シロアリ被害部の木部処理

床下に薬剤を散布していきます。まずは木部の表面薬剤を散布していく処理を行いました。過去にシロアリの被害に遭った場所には念の為多めに薬剤を散布しました。

基礎際への薬剤散布
配管の立ち上がりからのシロアリの侵入の防止

床下全面に薬剤を散布します。基礎際や配管の立ち上がりは小さな隙間が存在し、シロアリが侵入してくる場所になるのでそれを意識しながら処理を行います。

床上からの穿孔処理

浴室壁からのシロアリ駆除用の薬剤の注入
浴室ドア枠のシロアリ被害防止のための薬剤注入

床下からの処理を終えた後は玄関・浴室からの穿孔処理を行います。壁・たたき・ドア枠の3ヶ所から薬剤を内部に注入します。これは床下に空間が存在せず薬剤散布を行う事ができないからです。シロアリは人の目には見えないような小さな隙間からでも侵入することができるのでこういった場所にも薬剤のバリアを張る必要があります。

穿孔と薬剤注入を終えた後は各部位の補修を行い作業完了です。再びシロアリの被害が発生してしまわないよう、しっかりと工事を実施させていただきました。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。