施工事例

バリアSHUT!

築年数20年程の物件でのシロアリ対策工事(東京都中野区)

築年数20年程の物件での保証満了を迎えてのシロアリ対策工事の再施工の事例です。保証満了の際の点検では床下にシロアリの被害や水漏れは見受けられませんでした。床下はベタ基礎構造である程度の湿気対策はできており、木材の腐朽に対するリスクも土壌に比べて少なくなっています。しかしシロアリの侵入経路が存在しないわけではなく、やはり一番安全なのは定期的にシロアリ対策工事を行っていただく事です。

床下の薬剤散布

点検口の養生

床下への進入前には点検口の周辺を養生で覆って室内が薬剤やホコリで汚れてしまう事を防ぎます。

大引木部処理

床下で木部に対して処理を行っていきます。薬剤は木部処理用と土壌処理用の2種類が存在します。木部処理剤には木材をシロアリを誘引させる原因ともなる腐朽を抑える成分が含まれています。

基礎際土壌処理
床下の薬剤散布

その後土壌処理を行います。土間全体に薬剤を散布します。シロアリは主に基礎際や配管周りから侵入します。そういったには特に重点的に薬剤を散布します。

玄関の穿孔注入処理

玄関の壁穿孔
下駄箱下穿孔注入

玄関部はクロスに穿孔を行いそこから内側に薬剤を注入します。土間打ちされている玄関は床下からの薬剤散布ができません。しかしシロアリはそのような場所からでも建物に侵入することができるので、しっかりと対策を行う必要があります。下駄箱の真下のクロスからも穿孔注入を行いました。

玄関の処理を終えると工事は完了です。床下はシロアリから守られており、安心してお住みいただける事でしょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。