施工事例

バリアSHUT!

4回目の保証満了のお客様の施工事例(松戸市)

築年数約40年の物件でのシロアリ対策工事の事例です。保証が満了するごとに弊社でシロアリ対策工事を行っていただいているお客様で今回で4回目になります。

床下の調査

床下全景
床下配管

保証満了を迎えての床下調査ではシロアリの被害は見受けられませんでした。また、シロアリを誘引する原因ともなる木材の腐朽もありませんでした。シロアリ対策工事で散布する木部処理用の薬剤には防腐成分が含まれており、しっかりと建物を守ってくれている証拠といっていいでしょう。

とはいえ薬剤が効果を発揮する期間は限られており、何もしないでいると再び建物はシロアリに対して無防備な状態になってしまいます。お客様にその場で報告書を提出して同時に再施工のご提案もさせていただいたところ、前回の点検時と同様に工事のご依頼をいただきました。

床下の施工

木部処理
土台の木部処理

床下のシロアリ対策を行っていきます。土台・根太・大引きといった構造体に対して霧状の薬剤を散布します。

土壌処理
束石周り土壌処理

その後土壌面全体に薬剤を散布していきます。シロアリは蟻道と呼ばれる土のトンネルを作り移動を行います。そのため、主な侵入経路である基礎際や束石周りには特に重点的に薬剤を散布します。薬剤は揮発性のない安全なものを使用しており、施工中も普段通り生活していただく事ができます。

床上の穿孔処理

たたき穿孔処理
玄関ドア枠穿孔

床下からだけではなく、床上からもシロアリ対策を行います。それは玄関などの土間になっている場所は床下からの薬剤散布を行えない構造となっているからです。一見コンクリートで固められている場所も、タイルの下は土になっており、シロアリがそこから侵入してしまう可能性があります。ドリルで穿孔を行い薬剤を注入しました。

3時間ほどで特に問題なくすべての作業を完了させることができました。保証満了ごとに毎回再施工のご依頼をしていただいている事に感謝をしながら、今後も安心してお住みいただけるようにとの思いで工事を行わせていただきました。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。