施工事例

バリアSHUT!

玄関・階段下で被害が見受けられた物件での駆除施工(印旛郡)

床下でシロアリの被害が見受けられた物件での施工事例です。階段下や玄関下に被害が見受けられましたが現在は生息はしていないようでした。築30年程の物件でしたが、新築して以来シロアリの予防工事を行ったことは一度もないとの事でした。床下の被害の状況を報告書としてご提出し、シロアリ対策の実施をご提案させていただき施工のご依頼をいただきました。

床下で見受けられたシロアリの被害

階段下の蟻道

床下にはシロアリが移動する際の通り道である「蟻道」がいくつか見られました。現在もシロアリが生息していた場合はこの蟻道を崩すとシロアリが移動している姿を確認することができます。今回は生息そのものは見受けられませんでした。

シロアリの空中蟻道

何もない場所に作る蟻道である「空中蟻道」も見受けられました。シロアリが蟻道を作るのは主に基礎際や束の表面ですが、このような蟻道を作ることもあるので全面への薬剤散布を行わないとすべての侵入経路を防いだ訳ではなく安心とは言い切れません。

床下への薬剤散布

被害部付近の木部処理
木部処理

まずは木部に薬剤を散布していきます。シロアリの被害に遭っていた場所には多めに散布を行いました。

土壌処理
配管周り土壌処理

その後先ほどご説明した通り床下全面に土壌処理を行いシロアリの侵入経路を薬剤のバリアで遮断します。マイクロカプセルと呼ばれる特殊な形状をした薬剤を土壌の表面に定着させます。

床上からのシロアリ対策

玄関たたき穿孔処理
玄関ドア枠穿孔処理
玄関クロス穿孔処理

床下からの処理に加えて玄関からも薬剤の注入を行います。この処理を行わないと新築でも玄関部がたべられてしまう事があるので注意が必要です。たたき穿孔、ドア枠穿孔、クロス穿孔の3つの方法で薬剤注入を行いました。

それぞれの穿孔箇所に補修を行い作業完了です。シロアリは土の下であればほぼどこにでも生息する生き物です。定期的なメンテナンスを行う事が腐朽やシロアリの被害による建物の劣化を防ぎます。「住み始めてからは床下を見てもらったことがない」という方は是非SHUT!で無料点検を行っていただくことをお勧めします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。