施工事例

バリアSHUT!

3回目の保証満了による再予防(久喜市)

築年数20年程の物件でのシロアリ対策工事の事例です。以前から弊社で施工を行っていただいており、今回で3回目の保証満了を迎えました。

床下の全景

保証満了の点検を行いましたが床下に異常は見受けられませんでした。木材にも腐朽は見当たらず非常にきれいな状態でした。報告書を提出した後、今後も建物を良好な状態で保ち続ける為の再施工のご提案をし、ご依頼をいただきました。

床下への薬剤散布

養生の遠景
養生の近景

床下に薬剤を散布していきます。床下への進入前には養生を行います。点検口全体をマスカーテープで覆い施工中にホコリが舞わないようにします。

床下木部処理
床下土台への薬剤散布

まずは木部処理を行います。木材の腐朽が進めば進むほどシロアリの被害に遭うリスクも大きくなります。防腐成分が入った木部処理用の薬剤を構造部分の木材に散布していきます。

床下土壌処理
束石周り土壌処理

土壌処理を行います。床下全体に薬剤を散布していきます。薬剤は見た目は液状ですがマイクロカプセルと呼ばれる目に見えない大きさのカプセルでできており、シロアリの侵入経路をしっかりと遮断します。

床上のシロアリ対策

玄関たたき穿孔
玄関クロス穿孔

床上からもシロアリ対策となる処理を行っていきます。玄関の真下は土を盛りコンクリートを固めて作られており、床下空間が存在しないため床下からの処理ができません。しかしシロアリは非常に小さな生き物なのでそこから侵入してくる可能性があります。ドリルで表面のコンクリートを貫通させ、下の土壌部に薬剤を穿孔注入します。また、クロスからも薬剤を注入し、真下の土台などが無防備な状態にならないようにします。

作業は2時間ほどで完了しました。保証もまた5年間安心してお住みいただける事でしょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。