施工事例

バリアSHUT!

新築から5回目の予防工事(葛飾区)

築年数約30年の物件での施工事例です。新築時からずっとシロアリ対策をしていただいているお客様で、今回で5回目の施工になります。床下が基礎で区切られており進入できない場所が何カ所かあったので外周の通気口からも薬剤散布を行いました。

床下の薬剤散布

薬剤の土壌処理
配管周り土壌処理

床下での薬剤散布を行います。土壌処理を行っている様子です。鉄骨であっても床下からシロアリが内装部の木材を狙って侵入してくる可能性は十分考えらるので注意する必要があります。侵入経路は木造住宅と同様に基礎際や配管周りを利用するケースが多いので重点的に散布していきます。

土壌処理全景

基礎際や配管周りには「帯状散布」という方法で、それ以外の場所には「面状散布」と呼ばれる方法で薬剤を散布します。

床上からの薬剤処理

通気口からの薬剤散布

床下での作業後は床上からの薬剤散布を行います。まずは建物の外回りの通気口から、床下で散布できなかった場所に薬剤の散布を行いました。

玄関たたき穿孔注入
玄関クロス穿孔注入

その後玄関部でも穿孔注入の処理を行いました。玄関のスラブ下は土になっており床下空間がありませんが、そこからシロアリが侵入してくるケースもあります。たたきの目地に穿孔を行い、内部に薬剤を注入しました。薬剤処理後はモルタルで補修を行いました。

作業は2時間半程で完了しました。シロアリは土の下ならばどこにでも生息する生き物です。予防意識を持って定期的なシロアリ対策を行う事が、被害に遭ってしまうリスクを減らすための大切な要因です。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。