施工事例

バリアSHUT!

窓枠で羽アリが発生した物件でのシロアリ駆除と束交換(練馬区)

窓枠の敷居で羽アリが発生した物件での駆除の事例です。

窓枠の敷居

羽アリが発生した窓枠です。調査時にはガムテープでふさがれていましたが、小さな隙間から無数に飛び出してきたとの事でした。

窓枠下土台

床下から確認したところ、蟻道が見受けられました。床下側の基礎際にはシロアリが侵入した形跡である蟻道が存在しなかったため、侵入は建物の外側からであると考えられます。建物外周部の基礎の表面にはモルタルが塗られている事が多いですが、経年で表面のモルタルが剥離すると、モルタルと基礎の間にできた小さな隙間をシロアリに利用されてしまう事があります。シロアリの発生個所と原因を報告書としてお伝えし、駆除のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

木部処理

まずは床下で木部に対して薬剤散布を行います。大引きや土台など構造体全体に散布していきます。

被害部木部処理

シロアリの被害が発生していた木材には穿孔を行い、内側にも薬剤を注入しました。

束交換前
束交換後

一部被害が発生していた束柱についても新しいものに交換をしました。

土壌処理

木部処理の後は土壌処理を行います。土壌面全体に散布を行います。

束石周り土壌処理
基礎際土壌処理

蟻道が見受けられた束石周りや基礎際にはその他の部分よりも多めに薬剤を散布しました。

床上からの穿孔注入

窓枠敷居穿孔注入
窓枠立ち上がり穿孔注入

床下での薬剤散布後は床上から穿孔注入を行います。今回の物件は玄関が特殊な構造になっており穿孔が不要だったため、シロアリの被害が発生している箇所のみの穿孔となりました。羽アリが発生したドア枠の敷居をドリルで穿孔しました。また、その隣の立ち上がりの隙間からも薬剤注入を行いました。

木部立ち上がり

建物外周部の物入れの柱にもシロアリの被害が見受けられたので窓枠と同様に薬剤を注入しました。
薬剤の注入後は木栓で補修を行いました。シロアリは普段は人の目につかないところで活動しているので被害が進行していても中々気付きにくい傾向があります。定期的に薬剤散布を行いお建物をシロアリから守っていただくことをおすすめします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。