施工事例

バリアSHUT!

浴室の敷居でも穿孔を行ったシロアリ対策工事(取手市)

築年数40年程の物件での施工事例です。今回で4回目の保証満了を迎えます。

床下施工前

点検の際、床下に異常は見受けられず、配管からの水漏れやシロアリの被害はありませんでした。築年数が同じくらいの物件と比較してもカビも比較的少なく、非常にきれいな状態であったと思います。点検後に報告書を提出し、保証を延長する再施工のご提案をさせていただき、施工のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

床下での木部処理

床下で木部に薬剤散布を行います。特殊なノズルを使用して霧状の薬剤を土台や大引きなどの構造体の表面全体にまんべんなく散布していきます。

勝手口下

勝手口下への薬剤散布の様子です。土留め板の裏側は床下空間がなくシロアリが進入しやすい場所です。土留め板だけでなく、ブロック基礎と土留め板の間の隙間からもしっかりと薬剤を注入しました。

床下土壌処理

木部処理後は土壌処理を行います。床下全面に薬剤を散布します。

束石周りへの薬剤散布

基礎際や束石周りはシロアリの侵入路にされることが多く、重点的に散布を行いました。

床上のシロアリ対策

床下での薬剤散布後は床上からの薬剤の穿孔注入をします。今回は玄関・勝手口・在来浴室での処理を行いました。

浴室ドア枠の穿孔
浴室敷居の穿孔
勝手口たたき

勝手口や浴室などは建物の構造上床下空間が存在しないため、床下からでは薬剤を散布できない作りになっています。しかしシロアリはそういった場所を侵入経路にすることもあるので、しっかりと薬剤を注入し、内側に防蟻成分が行きわたるようにします。

また床下空間はあっても入り口が狭い、四方を基礎で囲われているなどの理由で進入できない場合もあります。今回も一部進入ができない箇所があったので通気口から特殊なノズルを使い、床下に薬剤散布を行いました。

穿孔箇所の補修を行い作業完了です。建物は構造部分がしっかりしていれば長持ちします。定期的なシロアリ対策で永く住める家を作りましょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。