施工事例

バリアSHUT!

築年数40年の物件でのシロアリ対策工事(千葉市中央区)

過去にシロアリの被害が発見された物件でのシロアリ対策工事の再施工の事例です。事前の床下の点検では、新しい被害は見受けられず、配管の水漏れもありませんでした。

点検後に報告書を提出し、引き続き建物の安全を守るためのシロアリ対策工事の再施工をご提案し、ご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

床下の木部処理

床下に薬剤を散布します。まずは木部処理を行います。防蟻成分に加えて防腐成分が入った木部用の薬剤を大引や土台に散布していきます。

土壌のシロアリ対策

木部処理後は土壌処理を行います。基礎際や配管周りには薬剤を多めに散布します。

床上のシロアリ対策

勝手口のシロアリ対策
勝手口のドア枠穿孔
玄関ドア枠

床下空間がないスラブに対して床上から穿孔と薬剤注入を行います。コンクリートの下は土になっており、目に見えない場所からの侵入が考えられるからです。玄関・勝手口ではドア枠とたたきに6ミリほどの穴を穿孔し、薬剤処理を施しました。

浴室壁穿孔

浴室では壁のタイル目地とドア枠に穿孔をし、壁の内側に薬剤を散布しました。浴室下は水気がたまりやすく、シロアリの被害に遭いやすいので念入りに散布を行いました。

穿孔箇所に補修を行い作業は完了しました。木材の劣化を予防することで、建物を長持ちさせることができます。そのためにも、定期的なシロアリ対策工事をおすすめします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。