施工事例

バリアSHUT!

過去に外基礎から被害があった物件の再予防(市原市)

2回目の保証満了を迎えてのシロアリ対策工事の事例です。過去に外基礎からのシロアリの被害があった物件でしたが、今回の点検では床下にシロアリの被害や配管の水漏れなどの異常は見受けられませんでした。床下の状況をご報告させていただき、その場で再施工のご依頼をいただきました。

床下のシロアリ対策

床下のシロアリ対策

まずは床下で木部処理を行います。土台や大引きに薬剤を散布していきます。木部の腐れはシロアリを誘引する原因となるので、腐朽が発生しないようにしっかりと散布していきます。

基礎際土壌処理
配管土壌処理

木部処理を終えた後は土壌処理を行います。薬剤が全面に行き渡るように散布します。基礎や配管の立ち上がりには重点的に薬剤を散布します。

玄関のシロアリ対策

玄関クロス穿孔

床下での薬剤散布を終えた後は、玄関部から処理を行います。クロスに爪楊枝ほどの大きさの穴を穿孔し、注入を行います。専用の補修材で補修を終え、作業は完了しました。

床下がコンクリートだとシロアリの被害は発生しにくいと思うかもしれませんが、今回のお客様のように被害が発生してしまうケースもあるので油断は禁物です。安全を保証するシロアリ対策工事を定期的に実施していただくことをおすすめ致します。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。