施工事例

バリアSHUT!

土間コンクリート物件の施工事例(相模原市)

築年数10年程の木造住宅での施工事例のご紹介です。以前弊社でシロアリ対策工事を実施した別のお客様からご紹介いただいたとの事でした。

床下での薬剤散布

点検口の養生

床下への進入前には点検口周辺をビニールで覆います。さらに内ブタをし、においやほこりが施工中に外に漏れないようにします。

木部処理
木束処理

木部処理を行います。根太や大引きに満遍なく薬剤を散布していきます。防腐成分が入っており、シロアリを誘引する原因となる腐朽の発生を抑える働きを持っています。

土壌処理
束石回り土壌処理

木部処理の後に土壌処理を行います。基礎際には経年によるコンクリートの縮みが原因となり小さな隙間ができるので、そういった場所からシロアリが侵入しないように薬剤を散布していきます。また、基礎際以外の場所でも、小さなクラックなどを利用して侵入される可能性も考えられるので、薬剤は全面に散布します。

玄関からの薬剤注入

玄関部の穿孔

床下での作業後は玄関からタイルの下に薬剤注入を行います。タイルの目地に穿孔を行い、下の土壌部に薬剤を注入します。

クロス穿孔注入

クロスにも穿孔を行い、床下から薬剤散布ができない場所にある土台にも薬剤を注入します。

最後に穿孔箇所の補修を行い、作業完了です。まだ築年数の浅い物件でしたが、安心してお住みいただける床下環境とすることができました。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。