施工事例

バリアSHUT!

点検口の作成との同時施工(練馬区)

約20年程前に中古住宅として購入された物件でのシロアリ対策工事の事例です。今回は工事の際に床下に進入するための点検口も新たに作成しました。

点検口の作成

階段下の点検口
木材の腐朽

点検時には1カ所だけ進入できない場所があり、床下の状態を確認することができなかったので、階段下の外部収納庫に点検口を新設しました。点検口周辺の部材には腐朽が見受けられました。

床下のシロアリ対策

床下木部処理
腐朽部木部処理

まずは木部処理を行います。腐朽が進んでいた木材には多めに薬剤を散布しておきました。薬剤を根太や大引き、土台などに散布していきます。

土壌処理
土壌処理面状散布

その後土壌面全体に散布していきます。

床上のシロアリ対策

在来浴室壁穿孔

床下の処理が完了した後は、床上からの穿孔処理を行います。今回は床下から散布できない箇所が多く、フローリングにも穿孔をして薬剤が床下全体に行き渡るように処理を行いました。まずは在来浴室の壁のタイル目地に穿孔を行い、薬剤を注入しました。

玄関たたき穿孔
ドア枠

玄関部では、たたきのタイル目地、ドア枠に穿孔を行います。玄関も浴室も人間が直接見ることができない場所から侵入し、被害を及ぼす可能性があるので注意しなければいけません。

フローリング穿孔
階段下穿孔

階段下・トイレ・玄関ホールでも穿孔を行いました。床下が基礎で囲われており、床下からの散布が難しい場合は、このように穿孔を行わせていただくことがあります。

穿孔箇所の補修を行い全ての作業は無事完了しました。年数が経てばたつほどシロアリのリスクは大きくなります。万が一に備えシロアリの対策工事を実施することをお勧めします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。