施工事例

バリアSHUT!

過去にシロアリ被害のあった建物での再施工(羽生市)

過去にシロアリの被害があった物件での保証満了による再施工の事例です。今回の点検時に床下でシロアリの被害や水漏れは見受けられませんでした。

床下のシロアリ対策

床下進入前

床下へは収納庫から進入します。ほこりが飛ばないように周辺に養生を行い全体を覆います。さらに点検口の真上にはフタをして薬剤のにおいなどが漏れないようにします。

土壌処理

まずは床下に薬剤を散布していきます。今回の建物は床下で木材が使用されていなかったので、土壌処理のみを行います。基礎際への処理の際は、薬剤を多めに散布します。

配管周り薬剤散布

配管部への薬剤散布の様子です。配管は表面がポリエチレン等の保護材で覆われている場合がありますが、保護材と配管の間の小さな隙間からシロアリが侵入する場合があるので注意が必要です。配管部にも薬剤を多めに散布しました。

床上からのシロアリ対策

玄関たたき薬剤散布
玄関クロス処理

玄関でのクロス、たたきへの薬剤散布の様子です。ドリルでたたきのタイル目地やクロスに穿孔をし、薬剤を注入します。過去に被害があったのは玄関の框部でした。玄関の土間の下は床下空間がなく土になっていますが、シロアリに侵入される可能性がある場所なので、床上からしっかり薬剤を注入します。

ドア枠薬剤処理

勝手口でのドア枠への薬剤散布の様子です。ドア枠も木でできていますが、土間から立ち上がっており、根元を食べられてしまう可能性があるので、穿孔をして薬剤を注入します。

最後に穿孔した場所の補修を行い、作業は完了です。たとえ床下に木材が使用されていないような建物でも、内装材が被害に遭ってしまうケースがあるので注意が必要です。万が一に備えてシロアリの対策工事を定期的に実施することをお勧めします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。