施工事例

バリアSHUT!

築40年の物件で5回目の予防工事(日野市)

築年数40年を超える物件でのシロアリ対策工事の事例です。新築時からずっと保証満了ごとに施工を行っていただいており、今回で5回目となります。

施工前の床下

床下施工前

点検では床下に進入し、何か問題が起きていないかどうかをチェックします。シロアリ対策をしっかりしていただいていることもあり、床下では異常は見受けられませんでした。腐れやカビもなく、築年数40年以上であるにもかかわらず、非常にきれいな状態であったと思います。今回も点検報告書をご提出した際にその場で再施工のご希望をいただきました。

床下の作業

床下木部処理
土台木部処理

木部処理を行います。防蟻成分の他に防腐成分も入っており、腐れの発生を鈍らせることができます。

土壌処理
土壌処理配管回り

土壌処理を行います。束石周りや基礎際、配管の立ち上がり部などは重点的に薬剤を散布します。

床上の作業

たたき
玄関ドア枠

床上の穿孔注入処理を行います。ドア枠やたたきの壁穿孔を行い、そこから薬剤を注入します。最後に穿孔箇所の補修を行えば作業完了です。

腐朽やシロアリの発生は建物の寿命を縮めてしまいます。長く安心して住むことができる住宅にするために、定期的なシロアリ対策工事を実施することをおすすめします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。