施工事例

バリアSHUT!

築30年程の物件でのシロアリ対策工事(千葉市稲毛区)

築30年程の物件でのシロアリ対策工事の事例です。外装の工事も考えておられていた方で、それに合わせて床下の状態確認も行わせていただきました。

床下の点検

床下の点検時

床下にはシロアリの被害は見受けられませんでしたが、薬剤効力はすでに消失していることや、床下の湿気などを考慮すると、シロアリのリスクを抱えてしまっていることをお伝えし、施工のご依頼をいただきました。

床下の作業

木部処理
玄関木部処理

まずは木部処理を行います。束や大引きに薬剤を散布します。玄関の框裏はシロアリの被害に遭いやすい場所なので念入りに行いました。

土壌処理

木部処理の後は土壌処理を行います。基礎際や束石周りには多めに薬剤を散布しました。

床上の作業

玄関壁穿孔
浴室ドア枠穿孔

床下の作業後は玄関・浴室での薬剤注入を行います。浴室では壁面のタイル目地と入り口ドア枠の下部に穿孔を行い、そこから注入していきます。注入が完了した後はモルタルやプラスチック製のキャップで補修を行います。

ドア枠
玄関クロス

玄関部の処理を行います。ドア枠とクロスから薬剤を注入します。注入後はそれぞれプラスチック製のキャップや補修材で補修を行います。

作業は3時間ほどで完了となりました。ベタ基礎の物件でしたが、コンクリートも経年による収縮で隙間ができます。年数が経つほどシロアリの被害に遭う危険性が大きくなっていくので油断は禁物です。5年に1度は床下の点検を行っていただくことをお勧めします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。