施工事例

バリアSHUT!

継続した予防を実施している物件の施工例(世田谷区)

4回目の保証満了を迎えてのシロアリ対策工事の再施工になります。床下の点検をさせていただいた際にシロアリの被害や水漏れは見受けられませんでした。

保証満了の調査

床下大引
玄関裏

床下の状態です。腐朽なども見受けられずきれいな状態でした。被害に遭いやすい玄関の框裏なども問題はありませんでした。

外周

建物外周部の挿し木に被害が見受けられました。シロアリは土の下であればどこにでもいるので、今回のお客様のように、建物の中に侵入しないように予防工事を薬剤の効果が切れる都度定期的に行っていただくことが重要です。

シロアリ対策工事の様子

木部処理
木部処理2

木部処理を行います。根太・大引・木束とそれぞれに満遍なく散布していきます。

木部処理
土壌処理

土壌処理を行います。全面に薬剤を散布し、シロアリが土壌面よりも上に上がってこれないようにします。

床上の穿孔

穿孔

床上の穿孔処理を行っていきます。トイレ下が基礎で囲われていたため、フローリングから穿孔注入を行い薬剤を床下に散布しました。

勝手口

勝手口部の処理を行います。土間への穿孔注入に加え、ドア枠本体にも注入処理を行いました。

玄関穿孔

最後に玄関部の処理を行います。勝手口と同様に、ドア枠・たたきから薬剤注入を行いました。

穿孔箇所の補修を行い作業完了となります。作業は2時間前後・作業中も普段どおり生活していただいて問題ありません。これがもし予防工事を行わずにシロアリの被害が発生した場合は、部材交換で多額な費用が発生したり、修繕も大規模になったりと余計な手間がかかってしまう可能性があります。予防工事を意識して、大切な住まいをしっかり管理するようにしましょう。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。