施工事例

バリアSHUT!

新築後初めてのシロアリ対策工事(立川市)

新築時のシロアリ対策工事が保証満了を迎えた物件での再施工の事例となります。他のシロアリ業者様もご検討されているとの事でしたが、弊社に施工のご依頼をいただきました。

事前の調査

床下調査時の全景
配管の写真

まだ築年数も浅く、シロアリの被害や水漏れは見受けられませんでした。しかし、薬剤の効果そのものは消失しかかっており、今後はシロアリに対するリスクは今後どんどん上がってくる事になります。被害に遭わないように再施工のご提案をさせていただき、ご依頼をいただきました。

床下の施工

木部処理

木部処理を行います。元々保存処理がされている加圧注入材を使われていました。加圧注入材を使っていると部材そのものが被害に遭うリスクをなくすことはできますが、シロアリの通り道として使われてしまう事はあるので、油断は禁物です。

土壌処理
土壌処理2

土壌処理を行います。基礎際を重点的に全面に薬剤を散布します。施工直後は一面が濡れている状態になりますが、1~2日程で元通りになります。また、薬剤に揮発性はなく、コンクリートの表面に薬剤の成分が残り続ける形でシロアリの侵入はを予防します。

玄関の穿孔処理

壁穿孔
外周処理

玄関たたきのタイル目地が狭く穿孔は厳しそうだったので、玄関クロスから薬剤を注入し、その後建物の外周部から土壌部に特殊なノズルを使用して、薬剤を注入しました。

穿孔したクロスの補修を行い作業は完了です。定期的にメンテナンスをしていただくことで床下の環境はきれいな状態を保つことができます。たとえシロアリの被害に遭っていなくても、予防工事を行っていただくことをおすすめ致します。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。