施工事例

バリアSHUT!

2棟繋がっている建物の施工(鎌ヶ谷市)

テラスハウス風の2棟繋がっている建物でのシロアリ対策工事の施工事例です。片側の床下には全体に調湿剤が敷かれていました。

床下の調査

床下の様子
床下の調湿剤

事前調査での床下の様子です。これまで新築時からずっとシロアリの予防工事を行って来られたとの事でした。正式な築年数は不明ですが、おおよそのこれくらいの年代の建物と比較すると、かなりきれいな状態であるという印象を受けました。調湿剤も敷かれておられることからも、かなり建物のメンテナンスに気を使われているのだな、と思いました。お見積書と報告書を提出し、シロアリ対策工事のご依頼を頂きました。

床下の薬剤散布

木部薬剤散布
木部薬剤散布2

床下に薬剤を散布していきます。まずは木部処理を行います。木部処理で薬剤散布を行うのは土台、大引き、根太、玄関のかまち裏などです。

土壌処理
土壌処理2

土壌処理をおこないます。たとえ土間コンでもシロアリは小さな隙間があれば簡単に入れてしまいます。床下全面に薬剤を散布し、侵入経路に薬剤のバリアを作ります。

玄関の穿孔注入

ドア枠穿孔
たたき穿孔
壁穿孔

最後に玄関で穿孔注入を行います。ドア枠・たたき・クロスの3箇所から薬剤を注入しました。玄関は床下から薬剤を散布できず、穿孔注入も直接目に見えない場所の処理になりますので、しっかり薬剤が中まで行き渡るように行います。

玄関の補修が終われば作業完了です。安心して住めると思っていただけると、励みになります。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。