施工事例

バリアSHUT!

ベタ基礎の建物での防蟻工事(横浜市戸塚区)

今回はベタ基礎の建物でのシロアリ対策工事の施工事例をご紹介します。ご近所でイエシロアリの被害があり、心配になったとのことで床下の無料点検のご依頼をいただきました。

床下の調査

ベタ基礎の基礎際

建物の引き渡し以来、シロアリの対策工事は一度も行ったことがないとの事でしたが、まだ築年数が浅い建物ということもあり、床下はきれいな状態でした。

上下水道

配管からの水漏れの形跡も見受けられませんでした。

しかし、新築時のシロアリ対策の薬剤は既に効果が消滅している状態であること、シロアリは土の下なら基本的にどこにでも存在するため、今後もシロアリの標的にされない可能性がないとは言い切れない旨を報告書の提出と一緒にお伝えし、シロアリ対策工事のご依頼をいただきました。

シロアリの予防工事

木部のシロアリ対策

木部に薬剤を散布します。大引上にウール状の断熱材が見受けられますが、水気に弱く濡れると断熱性能が低下してしまうので、薬剤がかからないように気をつけながら散布していきます。

土壌のシロアリ対策

土壌に薬剤を散布していきます。ベタ基礎構造の場合は、基礎を作る際に立ち上がり部にセパレーターと呼ばれる金具を使用しますが、コンクリートと金具の間のわずかな隙間からシロアリが侵入してくるケースがあります。布基礎の場合と同様に、基礎際にはしっかりと薬剤を散布します。

玄関部の処理

玄関たたきの目地

通常玄関部はたたきのタイルの目地にドリルで穿孔を行い、薬剤の穿孔注入を行います。しかし、ドリルのサイズは直径約6mmなので、目地幅がそれを下回っている玄関は、穿孔を行うと周辺のタイルを破損してしまう可能性があるため、穿孔を行いません。

クロスから薬剤注入

その場合は、状況に応じてクロスや建物外周部からの薬剤注入を行います。

穿孔箇所の補修を行い作業完了です。シロアリ対策工事をしている建物とそうでない建物とでは、同じ構造や築年数であっても、床下の状態が大きく異なってきます。建物を長持ちさせるために、シロアリ対策工事を行っていただくことをおすすめします。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。