施工事例

バリアSHUT!

玄関周りの施工は念入りに-浦安市での施工事例-

5年前にシロアリ対策工事を行っていただいたお客様宅の再施工の物件です。

床下の状況

まずは被害がないかどうかの点検から。
5年前に施工を行って頂いており、非常にきれいな状態でした。

床下全景
玄関部全景

床下での薬剤散布

今回は玄関の施工の様子を紹介していきます。
まずは床下の木部処理の様子です。

玄関部木部処理

玄関は一般的に土壌の上にコンクリートの下地を作り、その上にタイルを張って作られています。土壌の部分からコンクリートの小さな隙間を縫って上の框部まで侵入するケースが存在します。ですので、玄関の框裏には念入りに薬剤を散布するようにします。

玄関框裏吹付け

床上からの穿孔注入

床下での作業が終わった後は、床上からも処理を行っていきます。

まずはドア枠。玄関のドア枠は立ち上がりから離れている場合と、たたきから立ち上がっている場合があります。後者の場合は、下部がシロアリの被害に遭ってしまうリスクが大きくなるので、根元の部分を穿孔し、薬剤を注入します。今回の建物は、根元から立ち上がっていたので、しっかり薬剤の注入処理を行いました。

玄関ドア枠

続いてたたき。タイルの目地にドリルで、表面のコンクリートの下地からその下の土壌面まで貫通するように穿孔を行い、薬剤を注入します。

玄関たたき

構造的な観点から、ベタ基礎の物件では玄関のたたき穿孔を行う必要はないと考えられることもありますが、今回はドリルが土壌部まで貫通するようでしたので、しっかり薬剤を注入させていただきました。穿孔箇所の補修を行えば作業完了となります。

玄関はタイル風呂同様、見えない場所からシロアリが侵入してしまう可能性がある場所です。建物の入り口で大切な場所でもありますので、特に丁寧に工事を行わせていただきました!

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。