施工事例

バリアSHUT!

ベタ基礎木造住宅での施工事例(西東京市)

西東京市での施工事例です。過去にシロアリの被害が発生した物件での工事となります。

施工前に行った無料点検では床下に被害は見受けられませんでした。しかし、シロアリはほぼ日本全域の土の下で生息しています。その証拠に、お建物外周部の添え木にはシロアリの食害が見受けられました。

外周のシロアリ被害

 

木部処理

まずは木部に薬剤を散布します。木材の腐朽はシロアリをおびき寄せる原因となります。
木部処理剤には防蟻成分に加え、防腐剤も含まれています。

木部処理

過去にシロアリの被害が発生した箇所にも入念に薬剤を散布します。

土壌処理

その後土壌面への薬剤散布を行っていきます。

配管周りの土壌処理

ベタ基礎構造は、配管周りや基礎際から侵入されることが多く注意する必要があります。

施工後全景

施工後の全景です。
表面に薬剤のバリアを張っているイメージですね。乾けば透明になり、施工前と見た目は同じですが、しっかり効果は残っており5年間安心してお住みいただけます。

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。