施工事例

カンザイシロアリ防除

外壁を開口して被害部を特定【カンザイ駆除】(東京都)

東京都内の木造家屋にてアメリカカンザイシロアリの駆除施工を実施しました。
こちらのお宅では外壁水切り下より糞が出ているのを発見しご依頼をいただきました。

カンザイシロアリの糞

外部に排出された糞は砂などと同化して分かりにくくなることがあります。
注意深く見ていくと糞が溜まった箇所を見つけることができます。

床下の土台から確認

外壁側から糞が落ちている場合、どこが食害に遭っているか確認するため床下の土台等を見ますが、見ての通り床下側には何の痕跡も見当たりません。
カンザイシロアリの場合、被害は内部のみで進行し糞孔も裏側から排出しているケースも多く、その被害範囲を特定することは非常に困難です。

外壁の開口前

被害部の特定をするため、外壁側を開口することになりました。

アメリカカンザイシロアリの被害

土台の被害

開口すると土台部裏側にだけたくさんの食害が見られました。

被害部へ薬剤注入

施工には専用の機材を用いて行い、薬剤もヤマトシロアリとは異なり、ムース状(泡)の薬剤により木材内部の生息箇所に充填していきます。

被害部が繋がっている

弊社独自の穿孔技術(穴あけ技術)によりカンザイシロアリの生息箇所を正確に捉えられているため、写真の通り一箇所から薬剤を注入すると至るところから薬液が吹き出してきています。
カンザイシロアリではいかに木材中の生息範囲を把握し、薬剤を充填できるかがとても重要で高い知識と技術が求められます。

吹付け処理

今回の物件では羽アリ予防策として表面吹付け処理も施しました。

外壁の復旧

SHUT!では自社の多能工スタッフによる復旧施工も実施することが可能です。当社では今後もカンザイシロアリの生態の把握に力を入れるとともに技術向上に向け、機材開発などにも積極的に取り組んで参ります。

田中勇画像  記事:PCOスタッフ 田中