施工事例

バリアSHUT!

大きな蟻道が見られた家のシロアリ駆除事例(世田谷区)

東京都世田谷区でのシロアリ駆除事例です。まもなく築50年を迎える戸建て住宅の床下調査をご依頼いただき、シロアリ被害の有無や被害状況を確認させていただきました。非常に大きな蟻道(シロアリの通り道)が見つかった事例です。

被害状況

蟻道とシロアリ被害

土台のシロアリ被害

床下に入ると、シロアリの通り道(蟻道)や土台へのシロアリ被害が確認されました。

入り組んだ床下

また、床下は非常に入り組んでおり配管なども通っているため、複数箇所から床下に入り建物の被害状態を確認していきました。

蟻道

蟻道近くから確認

蟻道を壊すとシロアリ

違う箇所にもシロアリの蟻道が構築されており、特に写真のものは非常に大きな蟻道となっておりました。蟻道を壊すとシロアリが行き来しており進行中の被害ということが分かります。

床下は非常に狭い空間のため、人間が奥まで入るのが困難な場合があります。状況に応じて、”点検口の作成”や”和室畳下の床板カット”などで複数の場所から進入して調査をすることも可能です。(点検口作成の場合別途費用がかかります。)

シロアリ駆除

シロアリ駆除は別日に実施しました。

点検口養生

点検口にフタ

養生

床下に入る前に、ホコリ、床下のニオイ、汚れなどへの対策のため、点検口周囲を養生します。

床下木部処理

被害部注入

土台注入

木部処理

被害箇所は木材にドリルで小さな穴を開け、薬剤注入処理をおこないます。被害の無い木材には表面にシロアリ被害や腐れが発生しないように吹き付け処理を実施します。

床下土壌処理

束周り処理

土壌処理

施工直後

木部処理後は露出した土壌面に薬剤を散布して全面的に処理をおこないました。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

大切な家に関するお悩み、全てSHUT!します!


社員写真

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


\\ 安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除予防はSHUT! //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。