施工事例

ベイトSHUT!

鎌倉市でのベイト工法によるシロアリ対策

ベイト工法によるシロアリ対策工事の事例です。
10年ほど前に他社で床下へ薬剤を散布した際に気分が悪くなってしまったとの事でした。今回弊社のホームページをご覧になられて、ベイトSHUT!での施工のご依頼をいただきました。

日常生活で洗剤や芳香剤やヘアスプレーなどの化学製品を使用した際に、気分が悪くなってしまったりアレルギー症状を起こしてしまう方には、床下に薬剤を散布しないベイトSHUT!での施工がおすすめです。

設置前の調査

外周りの調査を行います。ベイトSHUT!では建物の周囲に地中のシロアリをおびき寄せる毒エサを入れるためのステーションを一定の間隔で設置していきます。

セントリコン

ですので、これらのステーションを設置するための十分なスペースがあるかどうか確認を行います。その後現在シロアリの被害があるかどうか、床下の調査も行います。

ステーションの設置工事

ベイト工法で用いられるステーションを地中に埋めていきます。

セントリコン近景

コンクリート部に関しても、電動のコア抜き機を用いて穿孔を行い、その中にステーションを設置します。

コンクリセントリコン

ステーションの中に毒エサを設置して作業完了です。

ステーション設置後は、定期的に訪問を行い、状況の変化を確認していきます。

▼SHUT!のシロアリ駆除の施工方法は一味違う!

まずは予防を第一に、プラス駆除をおこなう「防除」がSHUT!の基本方針です。


安全性・確実性で選ぶならシロアリ駆除・予防はSHUT!

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。