施工事例

バリアSHUT!

シロアリ駆除後のシロアリ予防工事(杉並区)

今回は東京都杉並区で5年前に玄関にシロアリ被害が発生しシロアリ駆除をおこなったお客様より、保証が切れるタイミングで再度シロアリ予防工事のご依頼をいただいた際の事例です。既にシロアリ被害は止まっており、今回は予防を目的に施工を実施しました。

シロアリの防除工事を実施してから5年が経過すると散布した薬剤は分解され効力がなくなります。シロアリの保証が5年間なのはそのためで、5年経過はシロアリ予防のタイミングになります。

シロアリ対策の木部処理
シロアリ対策の土台処理

まずは、木部材に薬剤処理をおこない、

シロアリ対策の土壌処理

床下の土壌面にも防蟻剤を散布していきます。特にシロアリが上がってきやすい束石まわりは入念に。

配管のシロアリ対策

配管まわりもシロアリが這い上がってくるポイントなのでしっかり予防します。

土壌表面にシロアリ予防

今の薬剤は環境に負荷がかからないように5年で自然分解するものが使用されています。駆除したら終わりではなく、効果がなくなったタイミングで予防をするのはとっても大切です。

もしも、家を建ててから5年、10年経過している場合や、シロアリ駆除をしてから5年以上経過している場合は、シロアリ被害を未然に防ぐためにもシロアリの予防処理を一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

\\ SHUT!の無料床下調査のお申込みはこちら //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。